行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

エチオピア基礎知識

エチオピア国旗

国の花
国の花オランダカイウ

国の概略

国名 エチオピア連邦民主共和国 Federal Democratic Republic of Ethiopia
首都 アディスアベバ
人口 約9,173万人(2013年 / 世銀)
政体 連邦共和制
民族 アムハラ族、ティグライ族、オロモ族、ソマリ族など80以上の民族からなる
自然・地理 アフリカ大陸の東に位置し、109.7万平方キロと日本の約3倍の国土を有します。首都アディスアベバの標高は2324メートル。海岸線はなく、国土の大半が平らな高地です。また、エチオピアは「アフリカの角」と呼ばれ、ソマリア、スーダン、ジブチ、ケニア、エリトリアなどと国境を接しています。
ユリウス暦
エチオピア正教が広く信仰されているエチオピアでは、現在でもユリウス暦が使用されています。このユリウス暦は30日で統一された12カ月と5日か6日のみの13月の、計13カ月で1年が構成されています。ユリウス暦ではグレゴリオ暦(西暦)の1月7日がクリスマスとなり、グレゴリオ暦の9月11日がユリウス暦の1月1日にあたります。また、時刻もケニアやタンザニアのスワヒリタイムと同じく6時を12時として数え、午前7時はエチオピア人にとっての朝1時となります。

文化・宗教・言語

文化
  • 民族音楽 80以上の民族がいるエチオピアには、それぞれの民族色を出した音楽があります。楽器はシンプルな作りの物が多く、中には紀元前にソロモン王が弾いたと伝えられる楽器もあります。代表的なものといえば、弓を使って演奏する一弦のバイオリンのような「マシンコ」や、ダビデの竪琴の原型とも言われる五もしくは六弦の竪琴の「クラール」、「カボロ」という太鼓が挙げられるでしょう。こうした伝統楽器は庶民の生活に根付いています。また、宗教音楽には「マズモル」と呼ばれるエチオピア正教の賛美歌もあります。なお、民族衣装を着たダンサー兼歌手は、エチオピアでは「アズマリ」と呼ばれています。
  • 民族舞踊など 80を越す民族がいるエチオピアには、「ナタラ」と呼ばれる白い綿のストールを身にまとい淑やかに踊る、2拍子のタイコのビートが特徴的な最北部ティグライ州の人びとの踊りや、憂いを帯びた旋律に乗せて首・肩・胸を使って踊るアムハラ州の「ウスクスタ」、アラブ特有のしなやかで華麗に舞うソマリ州の踊り、長い髪を美しくなびかせた女性が八の字に激しく頭を振るアルシ地方のダンス、アップテンポなリズムに乗せた軽やかなグラゲダンス、ウェストの素早い捻りが特徴的なガンベラの踊りなど、民族によって異なるステップがあります。
    こうしたバラエティー豊かなエチオピアのダンスは、3000年の歴史が育んだモザイク文化の象徴といえるでしょう。
工芸
  • 民族衣装 エチオピアの民族衣装は、男女とも白を基本にした「アベシャ リブス」と呼ばれるものです。
    男性の正装は膝から下がぴったりした細身のパンツに大きなシャツを羽織って、その上からナタラやガビを捲き、女性はワンピースにスカーフやナタラを纏い、物を運んだりする際足が見えないようにドレスの下にパンツをはきます。女性のドレスの形や刺繍などの種類は無限にあり、服装から民族を見極めるのは意外と困難です。
    こうした「アベシャ リブス」は、地方などでは現代でも日常的に着用されていますが、アディスアベバは洋服が一般的で、その洋服の上にナタラやガビをまとう人の姿もよく見られます。
  • 工芸品 エチオピアの人々を特徴づける物の一つに、彼らが身に付けている白い布があります。いずれも白が基調になっていて、ところどころに刺繍が施されているものもあります。手触りはガーゼのような優しい風合いで、教会へ行く時だけではなく普段着としても使われています。また、エチオピアは革も有名で、ブランド品の材料としてヨーロッパにも輸出されています。そうした皮を使った製品は、かなりお手ごろな価格で買い求めることができる他、個性溢れるハンドメイドのアクセサリ-などでも知られています。
主な宗教
キリスト教、イスラム教。キリスト教の大部分はエチオピア正教に属します。
エチオピア正教
4世紀半ば、エジプトから来たシリア人フルメンティウスによって普及したのが、エチオピアにおけるキリスト教の始まりとされています。その後、他のキリスト教国から地理的にあまりにも遠い場所にあったためいつしか忘れられた存在となり、やがて 「エチオピア正教」(オルトドクス)が誕生しました。
各教会には教会内で最も神聖な物とされる聖遺物「タボット」があります。このタボットとは誓約のアークのレプリカと言われ、オリジナルのアークはエチオピア北部のアクスムにある教会に保存されているものとされています。
言語
公用語はアムハラ語ですが、方言を含めるとエチオピアでは100近くの言語があると言われています。また、第2外国語として英語も教育に取り入れられています。
  • アムハラ語のあいさつ
  • こんにちは:ティナステリン
  • ありがとう:アムセッグナッロ
  • ごめんなさい:イックルタ
  • さようなら:デナデル(対男性) デナデリ(対女性)
  • はい:アオ
  • いいえ:アーイ

経済状況

経済状況 [データ]一人当たりの国民総所得(GNI)は410アメリカドル、経済成長率は8.5%、物価上昇率は22.8%(2012年/世銀)、失業率は17.5%(2012年/IMF)。
[概要]近年は経済成長が続き、政府は2010/11-2014/15年の新5カ年開発計画(GTP)を策定し、経済成長と経済改革を重点に置いた取り組みを推進中であり、5年後の国民総生産倍増等を目指しています。一方、一人当たりのGNIは410アメリカドルと最貧国の水準であり、慢性的な食糧不足、高度経済成長に伴って生じたインフレや、世界金融不安や原油等の国際価格の上昇に伴う影響が顕在化しています。政府は通貨切り下げ、主要商品価格のシーリング設定など政府主導型の経済安定化策、外貨準備高の積み増しなどを行っています。※参考資料2016年1月/外務省HP・各国地域情勢
ビジネス環境 総貿易額は海外への輸出が約31億アメリカドル、輸入が約95億アメリカドル。主要貿易品目は輸出がコーヒー、チャット、金、輸入が石油、石油製品、化学製品など。主要貿易相手国は輸出が中国、ドイツ、米国、輸入が中国、米国、サウジアラビア(2012年/外務省HP・各国地域情勢)。
日本との関係 [日本の対エチオピア貿易]外務省各国地域情勢によると輸出が約49億円、輸入が約104億円。主要品目は輸出が自動車、機械類など、輸入がコーヒー、原皮など(2012年/外務省HP・各国地域情勢)。
[日本の経済協力]エチオピアの主要援助国は1位米国、2位英国、3位日本(2011年)。援助実績は2012年までの累計で(1)有償資金協力は約37億円(E/Nベース)、(2)無償資金協力が約1,010億円(E/Nベース)、(3)技術協力実績が約336億円(JICAベース)。※参考資料2016年1月/外務省HP・各国地域情勢
DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!
Web TRAVEL