行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

新着ニュース

DTAC

2017.04.27

アコーホテルグループ、エチオピア、アディアスアベバに新たに3軒のホテルを建設予定

photo

(c)TravelWireNews

現在21か国で、エコノミーから高級タイプまで様々なタイプの111のホテルを運営し、世界でも有数な、フランス系のホテルチェーン、アコーホテルグループは地元の投資会社などと契約をし、アディスアベバに3軒のホテルを開業する事を発表しました。

一つは、メルキュールブランドで、国連のアフリカ経済委員会のオフィスの近辺に建設予定です。6部屋のスイートルームを含む162部屋の規模で、宴会場、会議場、ジム、スパ、レストランといった施設もかなり充実の模様です。2020年の開業を予定しています。

また、国連本部の側には、一通りのレストランと会議室の施設を揃えた135部屋のIbisブランドのホテルが建設予定で、2019年の開業予定です。

最後にアフリカ連合のビルから200mばかりの場所に、230部屋の22階建ての高層ホテルを建設予定で、こちらもIbisブランドで、2021年の開業を予定しています。こちらはIbisブランドながら、正統派のレストランや300㎡の大型のバンケットルームも備えるなど施設が充実している模様です。このホテルはこのエリアでは最も高層の建物となり、今後ランドマーク的な存在になるのではないでしょうか?

アコーホテルグループでは、アディスアベバに2014年にはプルマンホテルを、そして2015年にはノボテルを開業しています。
その成功が今回の契約に繋がったと見られ、今後の更なるアフリカ進出に意欲を見せています。これから大きな成長と発展を遂げると言われているエチオピア、そしてアフリカ。当分は目が離せません。

*イベントの日時、場所、内容などは予告なく変わる事があります。公式サイト、現地手配会社、旅行代理店などを通じて事前に必ず再確認をお願いします。

出典:TravelWireNews
http://etn.travel/accorhotels-strengthens-presence-anglophone-africa-12981/

▲ ページのトップに戻る

DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!