行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

旅の基本 情報旅の準備

通貨・両替・チップ

通貨
通貨はブル(ETB)で、補助通貨はセント。1ブル=約5.5円(2016年1月現在)。紙幣は1、5、10、50、100、コインは2ブル、1ブル、50セント、25セント、10セント、5セント、1セントがあります。
両替
主要都市の銀行や首都の主要ホテルで両替ができます。アメリカドルかユーロの現金かトラベラーズチェックを用意しましょう。地方都市でも、外国人の来訪が多い場所では両替をしてくれる商店を見つけることができますので、現金は小額紙幣を用意しておくと便利です。
クレジットカード/ATM
クレジットカードを用いてATMでキャッシングができる場所は、一部の都市に限られます。
物価
ミネラルウォーター(500ml)は7〜10ブル(40〜60円)、小瓶の瓶ビールは10ブル〜(60円〜)ですが、高級レストランなどになると同じビールが35ブル以上(200円以上)する場合もあります。一般的なローカルレストランでのディナーの場合、現地の方が質素な夕食を外で食べる場合は一人20ブル〜(120円)といえますが、外国人でもお腹を壊さないレベルで数品そろう夕食となりますと一人100〜300ブル(600〜1800円)となります。
タクシーの料金はメーター製ではなく交渉が主流です。外国人の場合は短距離でも500円〜といったところになるでしょう。(2015年9月現在)
チップ
一般的にチップの習慣はありませんが、一部のレストランなどは例外もあります。料金に含まれていない場合は、料金の約1割を目安にすると良いでしょう。

時差・通信・電圧

時差
日本より6時間遅れています(日本が正午の時、エチオピアは午前6時)。サマータイムと国内の時差はありません。
エチオピア時間
ユリウス暦が使用されているエチオピアには、エチオピア時間が一般的に使用されています。これはケニアやタンザニアのスワヒリタイムと同様6時を12時として数え、午前7時はエチオピア人にとっての朝1時とするもので、日本の感覚とは大きく異ります。バスの時刻などを教えてもらった場合には、エチオピア時間なのか、もしくはヨーロッパ時間なのかを必ず確認するようにしましょう。
電話
エチオピアの国番号は251です。エチオピアから国際電話をかける際は、はじめに00をダイヤルし、その次に国番号、最初の「0」をとった市外局番、そして電話番号の順にダイヤルします。また、日本の携帯電話は、ドコモ、AU、ソフトバンクはローミングが利用できます。その場合の料金、またダイヤル方法などについては、各社のウェブサイトをご参照下さい。
インターネット
主要都市にはネットカフェがありますが、日本語の入力ができる場所は少ないため、パソコンでの日本語入力が必要であれば、日本から持参するのが確実です。高級ホテルでは、Wi-Fi接続ができるところもあります。
郵便
日本までのエアメールは、ハガキが2ブル、封書が3.45ブルです。アディスアベバから日本への所要日数は10日ほどで、エチオピアから日本、日本からエチオピアのいずれもほぼ問題なく届きます。小包はアディスアベバの中央郵便局から発送できます。
電圧とプラグ
エチオピアの電圧は220ボルト、50ヘルツです。電源プラグの形状は、細めの丸穴が二つ並んだCタイプです。

旅のシーズン・服装

旅のシーズン
平均で標高2300メートルに広がるエチオピア高原では、通年冷涼な気候が続きます。季節ごとの寒暖の差はほとんどありません。まとまった降水量が伴う雨期は6~9月で、多くの地域において平均気温は20度前後です。北部や西部アフリカからエチオピアに入ると、それまでの乾いた褐色の風景が湿潤さを伴う緑色に変わることから、全く別世界のようにすら感じられます。
東部を除き、国内のほぼ全域で標高が高いため、到着後の数日は余裕を持ってスケジュールを組む方が良いでしょう。また、夜間は気温がひと桁まで下がることがあります。旅のベストシーズンは、晴天の多い10月から2月にかけてです。
旅の服装
エチオピアの気候は、日中は暖かく夜は本州の秋ような寒さで、初夏の北海道とよく似ています。
そのため、どんな宿でも必ずといって良いほど分厚い毛布が用意されています。服装は温度調整を考慮し、重ね着できるものを用意をしておくと安心でしょう。直射日光が強く暑いので、日中は風通しの良い長袖のシャツなどが適しています。また、アフリカ諸国の中では珍しく、エチオピアでは日傘を持った人の姿も見受けられます。
サファリ・ツアーに参加を予定している場合、履き慣れた靴と砂埃をかぶっても平気なようなラフなスタイルが望ましいでしょう。また、動物を刺激するような派手な色のシャツは避けるようにしましょう。サングラス、帽子、マスクは必需品です。
DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!
Web TRAVEL