行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

ケニア西部

マサイマラ国立保護区

Masai-Mara National Reserve

伝統や文化に価値をおく、誇り高きマサイ人の中心的な地域です。マサイ人は牧畜生活を営んでいるので、習慣として狩猟はしません。そのため同じ土地に生息する野生動物と共存できる、世界でも類のない特別な地域になっています。
野生動物の宝庫として世界的にも知られるこの保護区の面積は320平方キロメートル。そこに無数のシマウマやガゼル、トピと言った草食動物が群れを成し、また保護区内を流れるマラ川とタレク川には、カバやワニが生息しています。点在するアカシアの疎開林は、サルや鳥類の楽園となっています。毎年7月~10月には、マサイマラ国立保護区とタンザニア・セレンゲテイ国立公園間でヌーの大移動、川渡りが見られることでも有名です。
ここではバルーンサファリも楽しめます。(※別料金)

  • photo
    (c)ケニア大使館
  • photo
    (c)ケニア大使館
    ヌーの大移動
  • photo
    (c)ケニア大使館
    バルーンサファリ

カカメガ・フォレスト国立保護区

Kakamega Forest National Reserve

カカメガ・フォレストは霊長類の重要な保護区であり、各種のサルがたくさん生息しています。夜にはコウモリが飛び交い、夜鳥とカエルの鳴き声、ウスゲアブラヤシリスのよく響く鳴き声に包まれます。楽にアクセスができる場所ですが、自然愛好家にとって静かな聖域となっているカカメガは、数日間ゆっくりと滞在するのに最適な場所と言えるでしょう。カカメガ・フォレストには多くの散策コースが設けられています。運が良ければ美しいカメレオンにも出会えるかも知れません。

ヴィクトリア湖

Lake Victoria

スワヒリ語で「ニャンザ」とも呼ばれている、ナイル川の源泉湖です。この巨大な湖の面積はアフリカ最大、世界でも3番目という大きさで、ケニア、タンザニア、ウガンダとの自然の国境を成しています。この広大な水域には、チラチラ光りながら群遊するカラフルなシクリッドや大型のナイルパーチなどたくさんの魚が生息し、優れた漁師として知られるニャンザ地方のルオ人の中心地ともなっています。ここには世界有数のゲームフィッシュとみなされているナイルパーチを主なターゲットに、多くの釣り人がやって来ます。ビクトリア湖に浮かぶ島々には3つのフィッシング・ロッジがあります。

キスム

Kisumu

植民地風の建築様式が見事な、ビクトリア湖の畔にある静かな港町です。この地域には固有種が多く生息する、小規模ながら魅力あふれるルマ国立公園があります。ここには多くのルオ族が住んでいます。日暮れになると湖面は黄金色に染まり、丸木舟に乗った地元の漁師が網を引きあげてゆっくりと家路へと向かいます。

DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!
Web TRAVEL