行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

歴史

歴史概略

ケニアには古来から多数の部族が、農耕民や牧畜民として暮らしてきました。近代に至るまで文字が用いられてこなかったため、歴史は口承によってのみ伝え残っており、ヨーロッパ列強の入植以前の歴史について現地に暮らす人々が記した文献は残っていません。

ケニアには紀元前2000年頃に北アフリカからクシ語族が流入・定住し、ナイロック系とバントゥー系民族が紀元1~10世紀にかけて定着したといわれています。バントゥー語とアラビア語が融合して発達したスワヒリ語は、交易のための共通語として発展しました。1498年にポルトガル人がやって来ると海岸地域のアラブ人の支配力が抑圧され、モンバサの港は極東に向かうポルトガル船のための重要な補給地となります。そして、1600年代になるとポルトガル人はオマーンのイマムによるイスラム支配に道を譲りますが、19世紀になると今度は英国がやって来ました。

ケニアの植民地の歴史は1885年のベルリン会議に遡り、この会議で東アフリカはヨーロッパの列強によって分割されることになりました。英国政府は1895年に東アフリカ保護領を確立。そして、その後すぐに肥沃な高地を白人移住者たちに開放。1920年に正式に英国の植民地として宣言される前であるにもかかわらず、これらの移住者に参政権が与えられ、1944年までアフリカとアジア人は直接の政治参加を禁じられていました。

1957年、アフリカ人にとって最初となる議会への直接選挙が行なわれ、選ばれた者たちはジョモ・ケニヤッタの解放に向けて民衆運動を扇動します。ケニヤッタは1962年に解放され、1963年12月12日に遂にケニアは独立を果たしました。アフリカ大陸で、独立運動のためのこうした団体が結成された例はほとんどありませんでした。

バントゥー語系農耕民のキクユ族とナイル語系牧畜民のルオ族の対立はかねてから発生していましたが、ケニヤッタ初代大統領は、「ハランベー」(力をあわせて働こう)をスローガンに国民に団結を求め、ケニヤッタ大統領の死後、有力部族出身者を避けてモイ大統領が第2代大統領に選出されました。そしてこの時代、ケニアは国会によって一党国家であることを正式に宣言。それに応じて憲法が改正され、1983年9月には一党国家として初の国会選挙が行なわれています。

略年表

世紀 年代 できごと
7世紀頃   アラブ人が沿岸部に進出
18世紀頃 アラブ人・スワヒリ人による奴隷貿易と象牙貿易が活発化
19世紀 1828年 オマーン帝国がモンバサを攻略
19世紀中頃   イギリス・ドイツが進出。領土を争う
19世紀後半 1888年 イギリス東アフリカ会社が統治を開始
1895年 イギリス政府による統治開始
20世紀 1920年 イギリス直轄のケニア植民地となる
1944年 ケニア・アフリカ人民同盟(KAU)結成
1947年 KAU初代党首ケニヤッタ就任
1952~60年 マウマウ団による民族独立運動
1961年 アフリカ人と白人による連立内閣成立
1963年 ケニヤッタ内閣が成立。独立を果たす
1964年 共和制に移行。ケニア共和国成立
1978年 モイ大統領就任。以降、1997年まで再選を果たし続ける
1982年 ケニア・アフリカ人国民同盟(KANU)による一党制法制化
1991年 複数政党制を再導入
21世紀 2002年 総選挙。連合組織NARK代表のキバキ大統領就任
2007年 総選挙。キバキ大統領再選
DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!
Web TRAVEL