行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

西部・南部の遺跡群

 世界遺産

周囲を一望できるビュースポット

プノン・クロム

Phnom Krom

9世紀末に造営されたヒンズー教寺院。シェムリアップの南12キロほどの小高い丘の上にあり、遺跡の損傷は激しいものの、山頂からはトンレサップ湖や西バライなどの眺望や美しい夕景が楽しめます。

  • [アクセス]シェムリアップ中心地から車で約30分

 世界遺産

アンコール王朝最初の都

ロリュオス遺跡群

Roluos

photo

(c)ASEAN-Japan Centre
貯水池の小島に建てられたロレイ寺院

シェムリアップから国道を東に14キロ。アンコール王朝がシェムリアップに遷都するまでは、ここに都が置かれていました。

  • [アクセス]シェムリアップ中心地から車で約20〜30分

 世界遺産

11世紀末に造られ、今も現役の大貯水池

西バライ

West Baray

11世紀末に造営された貯水池。乾季には深刻な水不足にさらされたアンコール遺跡周辺では、灌漑事業は王の重要な任務でした。西バライは南北2キロ、東西8キロの巨大な貯水池。現在も農業用水として使われています。

  • [アクセス]シェムリアップ中心地から車で約20分

 世界遺産

アンコールワットの原型になった寺院

バコン

Bakong

photo

(c)ASEAN-Japan Centre

9世紀後半、ヒンズー教寺院として造営。この地に最初に建造されたピラミッド型寺院です。高さ65メートルの中央祠堂には、本尊であるシバ神のシンボル、リンガが置かれています。

  • [アクセス]シェムリアップ中心地から車で約20分

 世界遺産

アンコール最古のヒンドゥー教寺院

プリヤ・コー

Preah Ko

9世紀後半、ヒンズー教寺院として造営。ジャヤバルマン2世とその祖先の菩提をとむらうために作られた寺院です。プリヤー・コー(聖なる牛)の名のとおり、基壇に上る階段の前には、シバ神の乗り物でもある聖牛・ナンディの彫刻が置かれます。
ロレイ…9世紀後半、貯水池兼寺院として造営されたものです。美しい壁面彫刻が残ります。

  • [アクセス]シェムリアップ中心地から車で約20分

DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!
Web TRAVEL