行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

代表的な料理

カンボジア料理を大ざっぱに言うと、中華料理をベースに、タイやベトナムのエッセンスが入ったイメージです。ですがタイほど辛くなく、ベトナムほどハーブを使わず癖がないため、「エスニック料理が苦手」という人でも、「カンボジアの料理なら大丈夫」という方は多いようです。レモングラスやタマリンドなどを多く使い、酸っぱさと甘さがほどよくバランスがとれた料理は、おいしい上に暑気払いにもなります。そして何より食材が豊富。メコンやトンレサップ、シャム湾などの漁場から新鮮な魚が、緑豊かな土地からは野菜や果物が豊富に収穫でき、主食のお米も土地によっては三毛作まで可能といいます。

ぱらっとしてカレーやスープによくなじむインディカ米が中心ですが、うるち米やもち米、赤米や黒米など市場にはたくさんの米が並んでいます。竹筒のなかにもち米とココナツミルクを入れて蒸したものは、ローカルの市場などで売られている携行食です。

スープ・鍋

魚介や肉、野菜がたっぷり入ったスープ(ソムロー)や鍋(チュナン・ダイ)は最もベーシックなおかず。鶏やライギョ、干し魚などスープのベースはさまざまで、具は青菜など一般的なものに加えて、カボチャやパパイヤ、バナナの花など珍しいものまであり、組合せは無限大。

麺類

photo

(c)ASEAN-Japan Centre
クイティウ

お米の麺・クイティウが代表格。豚や牛などでダシをとったあっさり味のスープで、具はひき肉やカレーなどさまざまです。朝食で食べられることが多く、街のそこかしこに屋台が出ています。米粉をクレープ状にしたものにもやしや豚肉を挟むバンチャイも人気の朝食メニュー。中華麺の焼きそばやココナツミルクをベースにしたスープの麺もあります。

おかず

photo

(c)ASEAN-Japan Centre

サラダ系とおかず系に分かれます。サラダはいわゆるあえもので、青いマンゴーと干し魚のサラダ、バナナの花と鶏肉のサラダなどこちらも種類豊富。おかず系は、カニの炒め物やココナツミルク風味のカレー、ライギョのココナツミルク蒸し(アモック・タレー)などが有名。生春巻や揚げ春巻などお馴染みのメニューもあります。

DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!
Web TRAVEL