行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

代表的な料理

地理的に近いこともあり、タイの東北地方(イサーン)料理と似ています。イサーン料理は激辛で多彩なハーブ使が使われますが、ラオスの料理はそれほど辛くなく、味付けもシンプルなのが特徴です。味つけには魚醤ではなく、「パーデーク」という川魚に塩と米ぬかを混ぜてじっくり発酵させた調味料がよく使われます。それではここで、ラオスの代表的なメニューをいくつかご紹介しましょう。

カオ・ニャオ

Khao Nyao

photo

(c)ASEAN-Japan Center

ラオスでの主食はもち米です。ふた付きの竹の入れ物「ティップ・カオ」に入れ、素手で少しだけつまんで軽く丸めたり、炒め物の汁などに少し漬けたり、一緒に摘まんだりしながら食べます。日本のお米より水分が少ないので、簡単につかめます。赤米もあります。

カオ・クア

Khao Khua

刻んだ野菜や肉と一緒に、炊き上がったご飯を炒めたラオス風チャーハンです。味付けにはパデーク(たまり醤油)などが使われます。ラオスのお米は長粒種でパラパラとしていますので、白米で食べるよりも炒めた方が日本人の口に合います。

フー

Fu

お米から作られた平麺です。ベトナムのフォーのように太麺で、あっさりスープと一緒に頂きます。具在には牛肉が多く使用され、好みに応じて添えられたハーブや野菜、タレなどの調味料を加えて食します。

カオピヤックセン

Khao Piak Sen

photo

(c)DTAC観光情報局

鶏ベースのスープにフーを入れたラオスの定番料理です。あっさりとした風味なので、辛いものが苦手な人でも問題なく食べることができます。

カオ・ソーイ

Kao Soi

photo

(c)DTAC観光情報局

ラオス中部や北部の名物、そぼろ味噌かけ麺です。鶏肉などでしっかりと出汁をとったスープにフーを入れ、ピリ辛の肉みそを添えて食べます。麺に添えられたハーブや揚げおこしを好みで加えて頂きます。

タム・マークフン

Tam Mak Hoong

photo

(c)DTAC観光情報局

青いパパイヤのサラダです。タイにも似た「ソムタム」というサラダがありますが、ラオスではナンプラーではなく、味付けにパーデックを使い、トマトが入っているのも特徴です。旨みたっぷりですが、辛いので食べる時はご注意下さい。

ラープ

Larb

photo

(c)DTAC観光情報局

細かく切った肉、または魚にレモングラス、ライムジュース、ミントなどの香草をたっぷり混ぜて和えたラオス料理の定番料理です。鶏のラープ・ガイ、豚のラープ・ムー、魚のラープ・バーなど具材も様々です。また、カオ・ニャオとの相性も抜群です。

サイ・コック/サイ・ウア

Sai Kok / Sai Ua

スパイスが利いた手づくりのラオス風ソーセージです。種類もハーブ入り、唐辛子入りなど様々で、おつまみにピッタリです。

ヨーチューン

Yo Chuen

photo

(c)DTAC観光情報局

ラオス風揚げ春巻です。中にはジューシーな肉や野菜がたっぷり入っていて、甘いソースにつけて頂きます。パリパリとした皮が香ばしく、こちらもおつまみに最適です。

モック・パー・フォー

Mok Pa

中に野菜なども入れた魚のすり身の蒸し物です。ココナツミルクの風味が利いていて、ムースのようなまろやかな口当たりです。

ピンパー

Ping Pa

川魚の塩焼きです。白身魚をシンプルに塩焼きしたものなので、日本人の口によく合います。添えられたタレを付けて頂きます。

ピンガイ

Ping Gai

photo

(c)ASEAN-Japan Center

焼き鳥です。ブロイラーでなく地鶏なので、身が引き締まっていて噛むほどに味が出てきます。市場ではモモの丸焼きなどが売られています。

DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!
Web TRAVEL