行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

歴史

歴史概略

メコン流域の恵まれた地勢により、ラオスには古くから人が暮らしていたと言われていますが、その名前が世界史に登場するのは、メコン流域に定住していたラオ族をまとめたファーグム王が、「百万頭の象の国」という意味の名を持つランサン王国を設立した1353年にまで遡ります。


最初に都が置かれたのは、現在のルアンパバン。その後も王国は成長を続け、絶頂期を迎えた16世紀にはその版図を東北タイにまで広げていました。また、1560年にビエンチャンへ遷都してからもヨーロッパ交易を盛んに行い、17世紀にかけて仏教や芸術で国中が華やいだと伝えられています。


そんな王国に陰りが差してきたのが18世紀のこと。王位を巡る争いが勃発し、ランサン王国はビエンチャン、ルアンパバン、チャンパサックの3王国に分裂。さらに内紛や互いの争い、シャムなど隣国の勢力拡大で弱体化がすすみ、1770年代には3国ともシャムの支配下、または朝貢国となります。1893年にはカンボジアやベトナムを攻略してきたフランスがこの地にも侵入し、フランス領となりました。この時にラオ族から名前をとり、ラオスという国名が付けられました。

その後、日本軍の侵略による一時的な解放、フランスによる再支配、さらに続くベトナム戦争にも巻き込まれ、ラオスは内戦状態になるなどの混乱が続きました。事態が収束したのは1975年になってからのこと。パテート・ラーオ(左派)が勝利を収め、軍事行動なしに政権が移譲されラオス人民民主共和国が樹立されました。


社会主義としたスタートしたラオスですが、ロシアのペレストロイカなどの影響もあり1986年、チンタナカーン・マイ政策といわれる改革開放・市場経済化政策が採択されました。もともと国民の8割が農業従事者ということもあり、近隣諸国のような大きな市場経済の波には洗われていないものの、インドシナを貫く高速道路の開通、タイとの国際列車の運行、さらに中国と結ぶ路線の拡大など、着実にグローバル化が進んでいます。

略年表

世紀 年代 できごと
14世紀 1353年 ランサン王国建国。首都はルアンパバン
1350年代 クメールから仏教が伝わる
16世紀 1560年 都をビエンチャンに遷都
1566年 ビエンチャンのタート・ルアン寺院建立
18世紀 1707年 ルアンパバン王国がランサン王国から独立、ルアンパバン王国とビエンチャン王国に
1713年 ビエンチャン王国からチャンパサック王国が分離独立
1770年代 3王国すべてがシャムの支配下に入る
19世紀 1893年 フランス・シャム条約に基づき、3王国の宗主権フランスに。
1899年 インドシナ連邦「ラオス」誕生
20世紀 1934年 インドシナ共産党ラオス支部誕生
1945年

日本軍によるラオス進駐/ラオス独立宣言/日本の敗戦後、中華民国による進駐/自由ラオスの結成など

1946年 フランスによる再度の植民地化
1950年 フランス連合内ラオス王国誕生
1953年 ラオス王国独立
1954年 インドシナ休戦(ジュネーブ条約)締結
1975年 ラオス人民民主共和国成立
1986年 市場経済化政策が採択される
DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!
Web TRAVEL