行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

新着ニュース

DTAC

2018.05.23

ミャンマー少数民族 エン族の伝統は!?

ミャンマーには多くの見どころがあり、たくさんの少数民族がおりますが、今回はその中からチャイトン周辺に住んでいるエン族と呼ばれる少数民族をご紹介します。

エン村は東シャン州のチャイトンから車で45分ほどの所に立地しています。そこに暮らすエン族は、シャン族の一つで言語としてはシャン語とエン語を話します。信仰はエン族の80%がナッ信仰で、その他の人々は仏教とキリスト教を信仰しているとのことです。

黒い歯があるのはエン族の特徴です。12歳あるいは13歳になると男女を問わず歯を黒くなるようにするそうです。現在の若者は黒い歯を敬遠し、伝統的なナッ祭りの時だけ歯を黒くするそうです。

有名なエン族のお祭りは、毎年の11月の下旬頃に行われる伝統的なナッ祭りと、冬から夏へ変わる期間中に行われるナッ祭りです。服装は伝統的な黒い服を着ています。

少数民族の村々へのトレッキングは、チャイトン周辺での魅力的な楽しみ方と言っても過言ではありません。
エン族の村の他にも、独自の文化を持っているアカ族、ラフ族、パラウン族、ワ族とアク族の村などへも観光できますので、機会があれば一度いらっしゃってください!

リポート:Thawdar(トーダ)/さくら観光


★★★ミャンマー旅行に関する様々なお手配はさくら観光にお任せくださいませ。★★★

さくら観光 / Sakura Kankou Travel & Tours Co., Ltd.
DTACミャンマーリポーター(こすだあきお)のページはこちら>
http://www.dtac.jp/asia/myanmar/staff.php

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

  • photo
    (C)さくら観光
    エン族
  • photo
    (C)さくら観光
    パラウン族とアカ族
  • photo
    (C)さくら観光
    ラフ族とワ族

▲ ページのトップに戻る

  • 現地発着ツアー情報
DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!
Web TRAVEL