行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

バクタプル

 世界遺産

バクタプル

Bhaktapur

マッラ王朝時代、一つの王都が置かれていた古都です。映画「リトル・ブッダ」のロケ地にもなりました。現在も自動車などの交通が制限されているので、ゆったりと見てまわることができます。ここでの一番の見所はネパール建築。特に、ゴールデンゲートの横にある「55窓の宮殿」や18世紀初頭に建造された「ニャタポラ寺院」は必見です。

獅子門

Lion Gate

1696年のブパティンドラ・マッラ王の時代に建てられた、広場の入口にある門です。両側に大きな獅子の像があり、シヴァの化身「バイラブ」とその妻「ウグラチャンディ」の石像も飾られています。

旧王宮

Bhaktapur Palace

17世紀にヤクシャ・マッラ王により建造された王宮です。その後、代々のマッラ王によって増築されてきました。かつてこの場所には99ものチョークがあったと言われ、ネワール彫刻や建築の傑作の見ることができます。

ゴールデンゲート

Golden Gate

photo

(c) ツアーネパール

旧王宮への入口として、1745年にランジット・マッラ王によって造られた門です。一面にガルーダにまたがるカーリー女神、ヴィシュヌなどのヒンズー教の神々の装飾が施され、芸術品としても高く評価されています。ゲートの前の石柱には、祈りを捧げているブパティンドラ・マッラ王の像があります。

プラタップ・マッラ王の石柱

The Statue of King Pratap Malla

柱最上部にある祈りを捧げるブパティンドラ・マッラ王の像は、ネパール石像の中でも最高傑作と謳われています。

55窓の宮殿

55 Window Palace

1427年にヤクシャ・マッラ王の統治期間に建造された、入口を含め55の窓がある3層の建物です。それぞれの窓には緻密な彫刻が施されており、ネワール建築の傑作であると言われています。この宮殿は17世紀にブパティンドラ・マッラ王によって再建されました。

ムル・チョーク

Mul Chowk

マッラ王朝の女神タレジューに捧げられた中庭です。この「ムル」とは「主要な」と言う意味で、王宮の中心的な建物であることを意味しています。南側には、タレジューを祀った小さな寺院があることから、「タレジュー・チョーク」という名称でも親しまれています。入口にはガンジス川の精を神格化した女神ガンガーと、ヤムナー川の女神ヤミーの像があります。ムル・チョークの隣には、クマリ・チョークと王の沐浴場のあるスンダリ・チョークがあります。

国立美術館

National Art Gallery

その昔、マラティ・チョークと呼ばれていた場所にオープンした美術館です。ネパールの仏像、ヒンドゥの神々の像、タンカなどが展示されています。

  • [開館時間]10:00〜16:00

    [休館日]有り

    [入館料]150NPR

パシュパティナート寺院

Pashupatinath Mandir

1492年に創建されたバクタプル最古の寺院です。ここにはシヴァの化身の一つであるパシュパティが祀られています。カトマンズにあるパシュパティナートを模して造られたという寺院の屋根の支柱には、チベット仏教の影響を受けたエロティックな彫刻が施されています。

バトサラ寺院

Batsala Temple

ジャガト・プラカーシュ・マッラ王によって創建された、インドのシカラ様式の石造寺院です。1737年にランジット・マッラによって築かれた大きな鐘は、夜は外出禁止令を知らせるために鳴らされていました。現在は、女神タレジュのために毎朝鳴らされています。

バグバティ寺院

The Pashupati Temple

シヴァを祀る寺院です。正面階段の両脇には象、ライオン、牛の石像が一対ずつあります。また、支柱にあるエロティックな彫刻でも知られています。

ニャタポラ寺院

Nyatapola Temple

「五重の屋根」を意味する、1702年にプパティンドラ・マッラ王により建立された寺院です。その名の如く5段の基壇と5層からなる塔の高さは、およそ30メートル。カトマンズ盆地で一番高い寺院といわれています。また、この五重の塔は、ネパールではこの一基のみとなります。本尊は女神シッディ・ラクシュミであると言われていますが、釘付けされた扉は一度も開かれたことがありません。石段の両側には、守護神として普通の人間の10倍の力を持つ伝説の戦士ジャヤ・マッラとパッタ・マッラ、象、獅子、グリフィン、女神の石像が一対ずつ置かれています。層が上がるごとにそのパワーは、10倍ずつアップすると言われています。

バイラブナート寺院

Bhairab Nath Temple

photo

(c) ツアーネパール

17世紀初頭のジャガット・ジョティ・マッラ王の時代に建造されたヒンズー教の寺院です。シヴァの化身であるバイラブが祀られています。建築当時は1層でしたが1718年に増築され2層に、そして1934年の大地震で大きな被害を受けたため再建され、現在の様な3層になりました。

マハーデヴ・ナラヤン寺院

Til Mahadev Narayan Temple

ヴィシュヌを祀った、二重の屋根を持つヒンズー教の寺院です。バクタプルにある古い寺院の一つに数えられています。正面には先端にガルーダの石像が置かれた柱があります。あまり目立たない寺院ですが、ヒンズー教徒にとっては重要な寺院となっています。

ダッタトラヤ寺院

Dattatraya Temple

photo

(c) ツアーネパール

1427年、ヤクシャ・マッラ王の統治時代に建立された、ヒンズー教の寺院です。後に増築され3層となったこの寺院は、ヒンズ教における三位一体の神を表すと言われています。本尊はヴィシュヌの化身であるダッタトラヤで、寺の正面の柱にはヴィシュヌの乗り物であるガルーダの像が、入口には伝説の戦士のジャヤ・マッラとパッタ・マッラの像が一対あります。本尊のダッタトラヤは仏陀の従兄弟とされるため、ヒンズー教徒だけでなく仏教徒も参拝に訪れています。

ビムセン寺院

Bimsen Temple

広場を挟んだダッタトラヤ寺院の向かいに建つ、1605年から1655年に建造された寺院です。本尊は職人や商人にとっての守護神で、「マハーバーラタ」に出てくる英雄ビムセン(ビマ)です。寺院前の柱の上にはライオンの像、裏手にはバクタプルで一番大きな水場ビムセン・ポカリがあります。

プジャリ・マート

Pujari Math

photo

(c) ツアーネパール

15世紀のヤクシャ・マッラ王の時代に建造された建造物です。かつてはヒンズー教の僧院として使用されていましたが、現在は「木彫博物館」となっています。建物の外側にあるネワール彫刻「孔雀の窓」は、ネパール工芸美術の最高傑作として世界的に高く評価されています。建物の随所に見られる美しい窓や彫刻の数々は、その圧倒的な美しさで見るものを魅了します。

真鍮・青銅美術館

Brass & Bronze Museum

木彫博物館の向かいにある美術館です。カトマンズ盆地の各地から集められた神々の銅像や真鍮製品、インク壷、ランプ台、金属工芸品などが展示されています。建物は15世紀に建造されました。

DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!
Web TRAVEL