行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

旅の基本 情報旅の準備

通貨・両替・チップ

通貨

通貨はルピー(NRS)で、補助通貨はパイサ。1ルピー=約1.1円(2018年1月現在)。紙幣は5、10、20、50、100、500、1000ルピー、1ルピーと2ルピー硬貨があります。

両替
紙幣のみとなりますが、空港、銀行、ホテル、両替所などでは日本円からの両替が可能です。都市や観光地では日本円からの両替が可能ですが、ホテルや土産物屋など、外国人が多く出入りする場所や空港で取得するビザの料金はアメリカドルでそのまま支払えることも多いため、アメリカドルの現金も少し準備しておくと良いでしょう。なお、日本国内ではネパール・ルピーへの両替はできません。また、窓口が少ないため日本円への再両替はほぼ不可能と考え、両替したルピーはできるだけ使い切るようにしましょう。
クレジットカード/ATM
VISAやマスターカードであれば、大きなホテルやショッピングモールで利用できますが、クレジットカードの普及率は決して高くありません。街中の店舗で高額の買い物をしても、現金払いが基本となります。また、近年はネパールにもたくさんの銀行ができてATMが設置されるようになり、クレジットカードからのキャッシングも可能となっていますが、引き出し金額の上限が設けられていたり、停電や機械のトラブルなどで取引きができない場合もあります。
物価
地域によっても異なりますが、カトマンズではモモ(ギョウザ)1皿が60〜300ルピー、ダルバート(ネパール定食)100〜400ルピー、ドリンキングウォーターは1リットル約20ルピー〜、コーヒー80〜150ルピー程度、ネパールティー40〜80ルピー、タクシーは空港から市内までプリペイドだと1000ルピー程度ですが外に出て普通のタクシーを探せば500〜800ルピーでも可能(メーターはあるが実際は交渉制)が目安となります。ホテルは安いゲストハウスなら10アメリカドル以下で探せますが、数百ドルするような高級ホテルもたくさんあります。大体30〜50ドル程度で快適なホテルに泊まれます。
チップ
チップの習慣はありませんが、高級ホテルやレストランでは、欧米と同じように1アメリカドル程度を渡す方が好ましい場合もあります。

時差・通信・電圧

時差
日本より3時間15分遅れています(日本が正午のとき、ネパールは午前8時45分)。国内の時差やサマータイムはありません。
電話
ネパールの国番号は977。カトマンズの都市番号は1。国内電話はホテルや路上の店舗に置かれている公衆電話などを利用します。日本へかける場合は、国際電話識別番号「00」に続き国番号「81」、その後最初の0を除いた市外局番、電話番号の順でダイヤルします。NTTドコモ、ソフトバンク、AUのいずれも国際ローミングサービスは使用可能です。
インターネット
カトマンズやポカラなどにはネットカフェがありますが最近は手持ちのスマホ、タブレットを利用する方が簡単でしょう。大体のホテルではWi-Fiが完備されていて、部屋からのネット接続が可能です。また、空港や街でもSIMフリーのスマホ、タブレット用にプリペイドのSIMが売られています。100ルピー程度のSIMに最低100ルピーのデータを入れて使うことができますので日本から持ってくるよりは安上がりです。(パスポートのコピーなどが必要)
郵便
日本へのハガキは35ルピー。手紙は20グラムまで50ルピー。1週間~10日で日本に届きますが、ポストに投函するより郵便局から送った方が早く到着します。
電圧とプラグ
ネパールの電圧は220ボルト、50ヘルツ。日本から持っていった電気器具は、変圧器が必要です。ただしスマホ、デジカメなどのチャージャーは220ボルトに対応しているものがほとんどです。プラグはBタイプ、Cタイプがあります。
カトマンズであっても時々停電があります。以前の様に計画停電は無くなりましたが念のため懐中電灯があると安心です。

旅のシーズン・服装

旅のシーズン
標高の差が大きいので地域差がありますが、ネパールにも四季はあります(春:2月中旬~4月、夏:5月~8月、秋:9月~11月、冬:12月~2月中旬)。6月から9月半ばまでは雨季で緑が美しく、9月中旬から5月は乾季で山がよく見えます。トレッキングのベストシーズンは秋で、冬は朝晩はかなり冷え込みます。
最も暑く、湿度も高くなるのはタライ平原で、夏場には気温が40度にも達することがあります。カトマンズ盆地は比較的穏やかな気候で夏は19~27度、冬は2~12度位です。
旅の服装
季節と行く場所で服装はかなり変わってきます。カトマンズは夏はTシャツ、冬は防寒着を用意しましょう。ポカラの気候はカトマンズより少し暖かめです。トレッキングで山に入る人は、冬場は特にダウンジャケットなどのしっかりした装備が必要です。カトマンズでも山道具を買い整えることは可能です。
  • おすすめツアー情報
DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!
Web TRAVEL