行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

テーマ で旅するスリランカ アーユルヴェーダ

スリランカのアーユルヴェーダとは

image

スリランカのアーユルヴェーダは、今から3,000年以上前に、南インド地方で生まれた伝承医学療法が、紀元前3世紀に仏教とともにスリランカに伝えられ、スリランカ土着の伝統医療と融合して進化したものです。アーユルヴェーダでは、人間には「バァ―タ」「ピッタ」「カパ」という3つのドーシャ(体質)があり、この3つのバランスの度合い=個々人の体質とされています。アーユルヴェーダの目指すものはこの3つのドーシャがバランスの取れた状態を作り出すこと。そのための方法として、専門医の問診によりまずは体質を確認し、バランスが崩れている場合は、施術、食事、投薬、瞑想などの複合的な方法で、バランスの崩れの改善を行います。

image

アーユルヴェーダ治療の要素

  • ■専門医による問診
    自分の体質(=ドーシャ)や体調を知るた めに、専門のドクターによる問診・視診・ 脈診・触診などを受けます。
  • ■施術
    専門医の指示により、それぞれに合った治療方法(施術・投薬・食事等)が決められ ます。
  • ■投薬
    施術同様、必要に応じ専門医の指示により、天然のハーブ等を配合した飲み薬が処方されます。
  • ■食事
    それぞれの体質・体調により、摂取するものが変わります。
  • ■瞑想・ヨガ
    ドーシャを安定させるため、精神を浄化するための心のトリートメント。

スリランカのアーユルヴェーダとは

アーユルヴェーダ・ミール

アーユルヴェーダ・ミールは、3つのドーシャを整えるための食事。基本的に肉を含まず、野菜中心の食事となります。体質、体調により、その都度摂取したほうが良いものが変わります。専門施設へ宿泊して施術を受ける場合、ドクターの指示により、その日の食事内容が決められることもあります。

  • image
  • image
  • image
DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!
Web TRAVEL