行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

テーマで旅するスリランカ ジェフリー・バワ

ジェフリー・バワとは

image

スリランカが生んだ熱帯建築のパイオニア ”ジェフリー・バワ”。アジアンリゾートで数多く見られる”アジアならでは”の建築スタイルの源流となったのが、西洋と東洋の歴史文化が交差する海のシルクロードの拠点であったスリランカ人建築家・ジェフリー・バワであることは、実は日本ではまだあまり知られていません。バワ建築の特徴は、それまで外界と建築内部を塀や壁で仕切り、外敵や厳しい自然から人間を守ることを一つの主目的とした西洋建築に対し、その地域の建築素材を活用し、屋外と屋内の連続性にこだわった開放的な空間造りをすることで、建築と地域の自然や風土・文化の共存や融合主目的とした建築コンセプトを生み出したことにあります。

このようなバワの建築コンセプトは、アジアを代表するアマンリゾーツの建築家であるケリー・ヒルをはじめ、多くの建築家とインテリア・デザイナーに大きな影響を与えたとされています。2003年に享年84歳でその生涯を終えたバワ。スリランカには、バワの作品が今なお数多く残っており、彼の建築家としての人生を辿ることができます。

ジェフリー・バワの主な作品

DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!
Web TRAVEL