行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

テーマ で旅するスリランカ セイロンティ

セイロンティとは

image

スリランカは言わずと知れた紅茶の世界的産地。1972年までの使用されていた国の名称を由来とするセイロンティーは、今や世界中いたるところで耳にすることができます。130年ほど前の英国植民地時代、主としてコーヒーの栽培を行っていたところを、相次ぐ病害により紅茶の栽培に転換したのがその始まりです。もともとスリランカの気候風土が紅茶の栽培に適していたことと、当時の英国での紅茶ブームもあり、大規模なプランテーションによる栽培が急速に進みました。その後も現在まで紅茶はスリランカの一大輸出品として栽培され続け、ヌワラエリヤを中心とする丘陵地帯では見渡す限り一面の紅茶畑が広がり、絵葉書のような絶景を楽しむことができます。

スリランカのアーユルヴェーダとは

image

  • ■ハイグロウンティー(高地産茶)

    1,200m~1,800mの高地で産出される茶葉。セイロンティーでは最高級品とされ、強い香りと渋みが特徴。
    主な産地:ウバ、ヌワラエリヤ、ディンブラ
  • ■ミディアムグロウンティー(中地産茶)
    600m~1,200mの間の地帯で産出される茶葉。スリランカでは最もポピュラーな紅茶で、セイロンティー特有の芳香な香りと飲みやすさが特徴。
    主な産地:キャンディ、ディンブラ
  • ■ロウグロウンティー(低地産茶)
    600m以下の低地で案出される茶葉。味は濃厚だが渋みは少なく、独特な香りが特徴。
    主な産地:ルフナ

セイロンティーの種類・産地の紹介

image

インドのダージリンやアッサム、中国のキーマン同様、スリランカでも産地の名称がそのまま茶葉の名称となっています。セイロンティーの産地は主として5つに分けられ、セイロン・ファイブ・カインズ(Ceylon Five Kinds)と呼ばれ、世界的にも有名な紅茶の産地です。スリランカで紅茶をお買い求めの際は、ぜひ下記の特徴を参考にしてみてください。

  • ウバ

    スリランカでも一番の高級品と言われるウバ地方の紅茶。特に7~8月の南西モンスーンの時期がクオリティーシーズン(紅茶栽培の旬の時期)となり、霧の発生と直射日光という茶葉の栽培に適した気候のため、独特の香りと刺激的な渋みを持った高品質の茶葉が収穫されます。
  • ヌワラエリヤ

    標高1,800mに位置し、リトルイングランドとも呼ばれ植民地時代から避暑地として発展してきたヌワラエリヤは、日中と朝晩の気温差が激しいという紅茶の栽培に適した環境を持っています。温度差が大きいため、茶葉に含まれるタンニンの量が増え刺激的な渋みを含む茶葉が生産され、「セイロンティーのシャンパン」とも呼ばれています。
  • ディンブラ

    ミディアムグロウンと、ハイグロウンにかけての標高1,200mの位置に茶畑が広がるディンブラでは、クオリティーシーズンである1~2月にバラのような華やかな香りを付けます。それ以外の時期は年間を通して安定したオーソドックスな味わいの茶葉が生産されます。他の産地に比べると個性的ではありませんが、ブレンド用やティーバッグ用としても使用されるオールマイティーな茶葉だと言えます。
  • キャンディ

    スリランカで初めて紅茶が栽培されたという歴史ある街キャンディ。海抜700m~1200mで栽培され、ミディアムグロウンティーに区分されるキャンディ産の紅茶は、コクはありますが、風味や個性がかなり弱く、香りは控えめ、渋みも少ない非常にソフトな味わいの紅茶です。クセが無くすっきりとした味わいで、口当たりが良く飲みやすい紅茶です。
  • ルフナ

    ファイブ・カインズの中では一番低地で栽培されるルフナ。標高が低く南部に位置するため、茶葉生育時の気温が高く、ローグロウンティーには珍しく個性的な茶葉が生産されます。独特のスモーキーな香りと程よい渋みは、ミルクティーやペットボトル入り紅茶に適しています。
DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!
Web TRAVEL