行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

コロンボとその周辺

コロンボ

Colombo

スリランカの実質的な首都で経済活動の中心地です。
コロンボは、7世紀ごろから交易の場として活用されていた街ですが、本格的に開発されたのは、大航海時代を経てポルトガル人、続いてオランダ人がこの地を拠点とした16世紀以降のこと。スパイスや紅茶貿易の拠点となったコロンボは、インド洋有数の港町となります。1948年、スリランカがセイロンとして独立したときに、コロンボは正式に首都と定められました。1984年に首都がスリ・ジャヤワルダナプラ・コッテに移ったあとも、政治や経済の中心地としての機能は保たれています。活気あふれる庶民の街ペター地区、商業や金融施設、鉄道駅などがコロニアルな建物とともに建ち並ぶフォート地区が街の中心。フォート地区の南側にはゴールフェイスグリーンと呼ばれる芝生の広場があり、平日の夜や休日は家族連れやカップル、観光客でにぎわっています。インド洋沿いに南北に走るゴールロードは宝石店やさまざまな商店、土産物店、おしゃれなレストランが並ぶ旅行者にも楽しいエリア。高級住宅街でもある緑豊かなシナモンガーデンズ周辺には国立博物館や自然史博物館などがあります。

  • photo
    (c)DTACスリランカ観光情報局
    コロンボの夜景
  • photo
    (c)DTACスリランカ観光情報局
    フォート地区
  • photo
    (c)DTACスリランカ観光情報局
    ペター地区

スリ・ジャヤワルダナプラ・コッテ

Sri Jayawardanapura Kotte

photo

(c)DTACスリランカ観光情報局
国会議事堂

1985年にそれまでの首都だったコロンボから国会議事堂が移されたことにより遷都され、行政上の首都となっています。
しかしながら、ほとんどの行政機関はまだ近隣のコロンボに残っており、広大な湖の上に建つ国会議事堂のみが、この地が首都であることを思い知らせてくれます。この国会議事堂はスリランカが生んだ稀代の建築家であるジェフリー・バワの設計で、日本の建設会社もその施工に携わっています。残念ながら内部は見学不可ですが、湖の対岸の畔から観るだけでもその壮大な姿を堪能できるでしょう。

  • [アクセス]コロンボから車で約30分。

ネゴンボ

Negombo

photo

(c)スリランカ政府観光局
ネゴンボビーチ

海のシルクロードの拠点として栄えた古い漁港です。今は快適なリゾートホテルが多く建ち並ぶ人気のビーチリゾートで、たくさんの外国人が休暇を過ごしています。ビーチリゾートというだけあって、パラセーリングなどウォータースポーツが楽しめる一方で、朝方には、独特な形の双胴船(カタマラン)が一斉に漁に出る風景や、フィッシュマーケットでの水揚げなど、漁港の町ならではの風景を楽しむことができます。

  • [アクセス]コロンボから車で約1.5時間。

マウント・ラヴィニア

Mount Lavinia

photo

(c)DTACスリランカ観光情報局
マウント・ラヴィニア・ホテル

コロンボの南12キロに位置するビーチリゾート。イギリス人の総督たちが避暑地として利用した歴史あるリゾートで、この地域のアイコンとも言うべきコロニアル様式の「マウント・ラヴィニア・ホテル」が今も残ります。コロンボ近郊のリゾートとして、ビーチ沿いにレストランも数多くあり、気軽に行けるリゾート地として平日夜や週末は地元の人々で賑わいます。

  • [アクセス]コロンボ中心部から車で約30分。

ケラニヤ

Kelaniya

photo

(c)DTACスリランカ観光情報局
ケラニヤ寺院

スリランカの仏教聖地のひとつ、ラジャ・マハー・ヴィハーラがあります。この寺院は、過去に釈迦が訪れたとされる、スリランカの3大聖地のひとつで、伝説によるこの地で沐浴をし、説教をしたといわれています。現在は13世紀に建てられた寺院が残り、たくさんの信者が訪れています。寺院内部には仏陀にまつわるエピソードを描いた見事な壁画があり、中でもスリランカを訪れた釈迦を描いた壁画は迫力満点です。

  • [アクセス]コロンボから車で約1時間。

    [入場料]無料

DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!
Web TRAVEL