行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

文化遺跡群(北部)

 世界遺産

聖地アヌラーダプラ

Sacred City of Anuradhapura

1982年、世界文化遺産に登録されました。紀元前5世紀ごろからシンハラの王が治めていたと伝えられるスリランカ最古の都。紀元前3世紀に仏教が伝えられたのちは、仏教の中心地としても多いに栄えました。やがてタミル人の侵略によりシンハラの王は王位を剥奪され、以後、長い抗争の時代が始まります。4世紀にインドから釈迦の仏歯が伝えられ、王権の象徴とされますが、争いは激しさを増し、ついに10世紀、シンハラ王朝はアヌラーダプラを放棄します。
街のシンボルは白く巨大な仏塔、ルワンウェリサーヤ大塔。高さ55メートル、紀元前2世紀に建設が始まったと伝えられます。ロックテンプルことイスルムニヤ精舎は、紀元前3世紀の僧院を修復した寺院で、極彩色の仏像や岩肌の仏教彫刻、宝物殿など見ごたえ充分。インドのブッダガヤの菩提樹を分け木と伝わるスリー・マハー菩提樹も必見。樹齢2000年の菩提樹は大切に守られ、今も巡礼者たちの信仰を集めています。その他にもたくさんの見どころが遺跡地区を中心に広がっています。

  • photo
    (c)DTACスリランカ観光情報局
    イスルムニヤ精舎の涅槃像
  • photo
    (c)DTACスリランカ観光情報局
    スリー・マハー菩提樹
  • photo
    (c)DTACスリランカ観光情報局
    ルワンウェリ・サーヤ大塔
  • [アクセス]コロンボから車で約4.5時間。キャンディから車で約4.5時間。

    [入場料]30ドル

ミヒンタレー

Mihintale

photo

(c)DTACスリランカ観光情報局

スリランカに最初に仏教が伝わったとされる仏教の聖地です。紀元前3世紀、シンハラの王がこの地でインドのアショカ王の息子と出会い、仏教に帰依した王はここにたくさんの仏教施設を建てました。現在も仏塔や考古学博物館など見所が多く、王とアショカ王の息子が出合ったとされるアムバスタレー大塔やインビテーション・ロックは必見です。仏教伝来の日と伝えられている毎年6月〜7月にかけての満月の日(ポソン・ポヤデー)には、ポソン祭りが行われ、満月を拝むために数千人の信者がこの土地を訪れます。

  • [アクセス]アヌラーダプラから車で約30分。

    [入場料]500ルピー

DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!
Web TRAVEL