行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

代表的な土産物

スリランカを代表する土産物といえば、宝石、紅茶、アーユルヴェーダ製品、レース編み、ろうけつ染め(バティック)など。近年コロンボでは、アジアンテイストを取り入れ洗練された雑貨を扱うショップも増えてきており、観光客からも人気が出ています。

宝石

photo

(c)DTACスリランカ観光情報局

宝石はスリランカの名産品で世界的な産地としても有名です。キャッツアイ、サファイア、ルビー、アレキサンドライト、ガーネットなどの産出国で、インドに近い北西部では、天然の真珠も獲れます。宝石を扱うお店はリゾートホテル内や各都市にありますが、中には悪質な土産物店もありますので十分ご注意ください。

スリランカの宝石

かつて、ソロモン王がシバの女王に捧げるために用意したのは、スリランカのルビーだったという伝説があります。赤くて透明なスリランカのルビーは世界で愛されてきましたが、現在は青いサファイアが主力の産品。イギリスのチャールズ皇太子が故ダイアナ妃に贈った婚約指輪もスリランカ産のブルーサファイアでした。
同じ川底の砂にさまざまな種類の原石があるのがスリランカの特徴。主な産地は中南部で、なかでも宝石の(ラトゥナ)街(プラ)という名前を持つラトゥナプラが有名です。川沿いには小屋が建てられ、宝石探しの男たちが川底をさらう姿は、昔のゴールドラッシュを彷彿とさせます。

紅茶

photo

(c)DTACスリランカ観光情報局

世界最大の紅茶輸出国であるスリランカでは、売られている紅茶の種類も豊富です。ティーバッグなのかリーフなのか、ミルクティー用かストレートティー用か、数種類の紅茶がセットになったものなど、目的、用途に応じて選ぶことができます。有名ブランドの専門店や、スーパーマーケットで購入できます。

アーユルヴェーダ製品

photo

(c)DTACスリランカ観光情報局

伝統医学であるアーユルヴェーダは人々の生活に密接に結びついており、薬やオイルはもちろん、歯磨き粉、ハーブティー、バーム、石鹸など数多くのアーユルヴェーダ関連商品があります。これらはアーユルヴェーダ薬局やスーパーマーケットで購入可能です。

バティック(ろうけつ染め)

photo

(c)DTACスリランカ観光情報局

溶かした蝋で布に絵を描き、布自体を染色することで美しい模様を生み出すバティック(ろうけつ染め)もスリランカでは盛んです。地方に行けばバティック工場があり、制作過程を見学できます。飾り用の絵画的なものや、スリランカで男性がよく履いているスカート状のサロンにもバティック染めが使われています。

スパイス

photo

(c)スリランカ政府観光局

カレーの国スリランカはスパイスの宝庫です。内陸部のマータレやキャンディ周辺にはスパイスガーデンと呼ばれる施設があり、スリランカで栽培されるスパイスの原木などを説明してくれます。また独自に加工された商品も購入可能です。その他にもスーパーマーケットに行けば、料理用の多種多様なスパイスが入手可能です。

レース編み

photo

(c)スリランカ政府観光局

植民地時代にオランダから伝えられたボビンレースのレース編みは特に南部で多く作られており、モチーフは自然の草花がほとんどで、愛らしく繊細な模様が素敵です。ゴールの旧市街では、レース編みの実演を行っている施設もあります。

雑貨

photo

(c)DTACスリランカ観光情報局

ここ数年コロンボを中心に、洗練されたモダンな雑貨を扱う店が増えてきました。スリランカの象徴ともいえる象をモチーフにしたぬいぐるみやTシャツ、シンハラ文字やタミル文字をあしらったマグカップやバッグなど、お土産にも喜ばれそうな品々が豊富です。

DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!
Web TRAVEL