行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

ハノイ

ハノイ

Ha Noi

ベトナムの首都。商業の街ホーチミンに対して政治・文化の街ハノイと称されますが、外資系企業の投資も活発に行われ工場が進出し、経済的にもパワーを強めています。それでもホーチミンよりどことなくしっとりした風情があり、古都の風格を漂わせます。
かつて昇龍(タンロン)と呼ばれたこの地に最初に都が置かれたのは11世紀。数々の史跡が歴史を物語ると同時に、ホーチミン廟やホーチミンの家など、近代史を振り返る歴史的スポットも多く見どころ満載です。小さな食堂や職人の店がびっしり並ぶ旧市街、人気の水上人形劇も見逃せません。

  • photo
    (c)ASEAN-Japan Centre
    旧市街
  • photo
    (c)ASEAN-Japan Centre
    オペラハウス
  • photo
    (c)ASEAN-Japan Centre
    水上人形劇
  • [アクセス]大韓航空でソウル(仁川空港)経由、同日乗り換えも可能。

    詳細はこちら>> 

    www.dtac.jp/partner/koreanair/ 

英雄が眠る大理石の廟

ホーチミン廟

Ho Chi Minh Mausoleum

1975年、建国記念日に建てられました。大理石の廟のなかには、ホーチミンの遺体が安置され、毎日たくさんのベトナム人が国民の英雄を慕って訪れます。
1時間ごとに行われる衛兵交代にあわせての見学がおすすめです。(24時間行われています)
午後や休館日は入場は出来ませんが、ホーチミン廟前広場には出入り可能のため衛兵交代も見学は可能です。午前中の入場時には大きな荷物の持ち込みが禁止になったり、セキュリティ検査も厳しいのでご注意ください。
また、ホーチミン廟の隣にはホーチミン博物館があり、彼の愛用品の展示や、その生涯も分かりやすく展示されます。

  • photo
    (c)ASEAN-Japan Centre
    ホーチミン廟
  • photo
  • [アクセス]ホアンキエム湖周辺エリア

    [開館時間]夏期:7:30~10:30(土日祝は~11:00) 冬季:8:00~11:00(土日祝は〜11:30)

    [休館日]月、金

    [入館料]無料

    *毎年9月~11月頃は改修のため休館になりますのでご注意ください。

ホーチミンの家

Nha san Bac Ho

ホーチミン廟の裏手にあります。1969年までホーチミンが暮らしていた1958年に建てられた木造の家や、色々な人から寄贈された果実の木々、昔の大統領府、今の迎賓館などを見ることができます。飾り気のない書斎や簡単なベッドルームなど、質素で庶民的だったというホーチミンの人柄がしのばれるインテリアです。大きな池にはホーチミンが育てたという鯉もたくさんいます。

  • [アクセス]ホーチミン廟横

    [開館]夏期:7:30~11:00 14:00~16:00(夏季) 冬季:8:00~11:00 13:00~16:00

    [休み]月、金の午後

    [料金]15,000VND

    *迎賓館の利用や国の都合で入れない場合もありますので、事前にご確認ください。

一柱寺

One Pillar Pagoda

photo

1049年創建の仏教寺院。1本の柱で支えられ、蓮の池に浮かぶという珍しい寺院です。これは子供に恵まれなかった李朝の太宗(リー・タイトー)が、蓮華の上で子を抱いた観音の夢を見た後、子どもを授かったというできごとに基づくもの。その為、蓮の花のような形をしています。今現在のものは1955年に改築されたものだといわれています。特に営業時間はないですが、暗くなると周囲に電灯も少ないため安全のために柵がたてられます。

  • [アクセス]ホーチミン廟裏手

    [開館時間]日の出から日没まで

    [休館日]無休

    [入館料]無料

    *毎年10~11月頃は改修のため休館になりますので、ご注意ください。

ホアンキエム湖

Hoan Kiem Lake

photo

(c)ASEAN-Japan Centre

市民の憩いの湖。15世紀、漢字で書くと「還剣湖」この湖に棲む亀から授かった剣で、レロイ王は明国を撃破し、平和になった後、この湖を遊覧している際に大きな亀が現れ、その亀にこの剣を還したので還剣湖と言われます。周囲は遊歩道が整備されていて、デートスポットにもなっています。週末は結婚式の写真を撮るカップルの姿、朝や夕方は運動をする地元民たちに沢山出会えることでしょう。周囲は交通量が多く、スリも多いので注意が必要です。

文廟

Temple of Literature

孔子廟で、11世紀に作られました。1076年にはベトナム初の大学といわれる国子監が開設された場所で、700年の間、ここから多くの知識層が育っていきました。科挙の合格者の名前が刻まれた82の亀の形の石碑は壮観。今でも勉学の神様をおまいりに来る学生が多い場所です。一番奥の2階建ての建物まで行くと、当時の模型も残されて理解しやすいです。文廟内の奎文閣はハノイ6の町のシンボルにもなっています。卒業の季節に近づくとアオザイを着た学生たちが沢山記念写真を撮りにきます。また旧正月前後は周辺に書道の実演販売をする人達が溢れます。

  • photo
  • photo
  • photo
  • [アクセス]ホーチミン廟から車で5分ほど

    [開館時間]夏季:7:30~17:30 冬季8:00~17:00

    [休館日]テト前日の午後

    [入場料]10,000VND

ハノイ大教会

St,Joseph’s Cathedral

photo

1886年にパリのノートルダム教会を手本にして作られた教会で、正式にはセント・ジョセフ教会といいます。内部には美しいステンドグラスがあります。教会周辺にはお洒落なカフェやレストラン、雑貨屋さんも多くショッピングで散策やカフェで一休みをするのも面白い。

  • [アクセス]旧市街の中、ホアンキエム湖から徒歩で5分

    [開館]土日のミサ時間のみの開館

    [休み]ミサ以外

    [料金]無料

ホアロー収容所

Nha Tu Hoa Lol

photo

1896年フランス植民地時代に、フランス支配に抵抗する人達が入れられた収容所。一部は高層ビルに建替えられました。1964年から1973年の間はアメリカ軍パイロットの収容所として使われています。重々しい雰囲気で目を背けたくなる展示もありますが、より深くベトナムを知りたい人にはおすすめです。

  • [アクセス]ホアンキエム湖、大教会から徒歩で10~15分

    [開館]8:00~11:30,13:30~16:30

    [休み]無し

    [料金]10,000VND

DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!
Web TRAVEL