行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

ホイアン、ダナンとその周辺

 世界遺産

古都ホイアン

Hoi An

1999年、世界文化遺産に認定されました。ベトナム中部に位置するホイアンは、15世紀からチャンパ王国時代に国際交易都市として栄えた沿岸都市。スパイスやお香などのベトナムの特産品を輸出するだけでなく、中国とアラブなどの世界各都市の交易中継地点としても多いににぎわいました。16世紀になると朱印船貿易で各国に出かけていた日本人も多く訪れ、日本人町が形成されました。鎖国により日本人町は消滅しましたが、今も来遠橋(日本橋)などで面影をしのぶことができます。日本人が伊勢うどんをヒントに伝えたともいわれるご当地麺「カオラウ」は、太い麺に醤油味のタレをからめて食べる具だくさんのおいしい麺です。
世界遺産に認定されたのは、いにしえの風情をそのまま残す古い街並み。古いものだと300年ほども前に建てられた木造や石造りの建物は京都の町屋のような奥行きが長い作りで、豪商の家になると室内も華麗な装飾で飾られます。戦禍を逃れたこれらの建物は、地元の人々の努力で今も大切に引き継がれています。

  • photo
    (c)ASEAN-Japan Centre
  • photo
    (c)ASEAN-Japan Centre
  • photo
    (c)ASEAN-Japan Centre
    日本橋
  • [アクセス]ダナンから車で約40分。ダナンからの日帰りツアーのほか、中部の世界遺産(フエ、ミーソン聖域)を巡る周遊ツアーなどが催行されています。

ホイアン ランタン祭り

photo ホイアンでは毎月満月になる旧暦の14日に、「ランタン祭り」が開催されます。旧市街がランタンで飾られ、灯篭流しも行われます。
2016年の「ランタン祭り」の日程は下記ページでご確認ください。
http://www.dtac.jp/asia/vietnam/news_449.php 
*写真提供:ASEAN-Japan Centre

ダナン

Da Nang

天然の良港を持つ商業都市で、世界遺産の古都ホイアンへの玄関口でもあります。町の西側は南シナ海に面しており、真っ白な砂浜のノンヌォックビーチやミーケービーチ周辺には、近年、高級リゾートが相次いでオープンし注目を集めています。大理石でできた山岳信仰の山・五行山、ダナン大聖堂などが見どころ。チャム遺跡を訪ねる予定がある人は、チャム彫刻博物館もぜひ。遺跡から出土した貴重な彫刻類がおさめられています。

  • photo
  • photo
    (c)ASEAN-Japan Centre
    チャム彫刻博物館
  • photo
    (c)ASEAN-Japan Centre
    ミーケビーチ
  • [アクセス]国内線でハノイから所要約1時間15分、ホーチミンから約1時間10分。

    大韓航空でソウル(仁川空港)経由、同日乗り換えも可能。

    詳細はこちら>> 

    www.dtac.jp/partner/koreanair/

 世界遺産

ミーソン聖域

My Son

photo

(c)ASEAN-Japan Centre

1999年、世界文化遺産に認定されました。ホイアンの南西40キロに位置するこの遺跡は、ヒンズー教を信仰したチャンパ王国の聖地でした。インドネシアから北上してきたチャム族が築いたチャンパ王国の歴史は、2世紀まで遡ります。彼らが聖域としたミーソンに最初の祠堂が作られたのは4世紀ごろ。その後13世紀ごろまで、歴代の王はここに数々の廟や伽藍を作り続けます。残された彫刻やレリーフが当時の技術の高さをうかがわせます。
ベトナム戦争時に解放軍の基地となったためこの地は空爆の対象となり、遺跡が破壊された上、地雷原として荒れ果ててしまいました。ですが終戦後、ベトナム人研究者を中心とした調査団が修復と研究に取り組み周辺を整備、現在は展示室も置かれています。

  • [アクセス]ホイアンから車で約1時間。ツアー参加が一般的です。

DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!
Web TRAVEL