行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

代表的な料理

小国でありながらも、エストニアには独特の食習慣があります。特に食文化においてもドイツやスウェーデンの強い影響を受けていて、同じフィン・ウゴル語派の隣国フィンランドと似通った食文化を共有しています。フィンランド料理との相違点としては、ドイツの影響によるビールを使った料理が好む点でしょう。また、イワシなどを使った魚料理を好む点でも、他のバルト諸国とは異なります。調理法は全般的に煮込むものが多く、牛乳とジャガイモはエストニア料理に欠かせません。

代表的な料理

エストニアにはクリスマスなどの祭日に食卓を飾る伝統料理があります。豚肉の塩漬け、ガチョウや豚のロースト、オーブンで焼いたジャガイモ、キャベツの酢漬け、血のソーセージ(ヴェリ・ヴォルスト)は、クリスマスには欠かすことができないご馳走です。

黒パン

Black Bread(Leib)

photo

(c)Elen Juurma

エストニアの主食といえば、持つ独特の風味を持つ黒パンです。最初はなかなか日本人の口には馴染み難いかも知れませんが、特に豚肉料理との相性は抜群です。もちろん、この黒パンの風味がエストニア料理を引き立ててくれます。

肉料理

photo

(c)Toomas Tuul

長く、暗く、そして気温が氷点下まで落ち込むエストニアの冬には、温かな家庭料理は欠かせません。このような北の国特有の厳しい気候を乗り切るために良く食されているのが、シチューや肉のローストなど比較的カロリーの高い料理です。また、エストニアにはシュルトという豚の頭などを煮こごりにしたものや、臓物を煮込んだ料理もたくさんあります。大麦の引き割りの入ったブラッドソーセージは国民食となっています。

魚料理

photo

(c)Kaarel Mikkin
黒パンににしんとゆで卵をのせて

同じバルトの国々でも、ラトビアやリトアニアと大きく異なるのが魚料理です。エストニアではバルト海で水揚げされた、ニシンやウナギ、そしてカレイやヒラメといった魚を良く食します。伝統的には、ニシンの小魚をレタスや輪切りにしたゆで卵、それに完熟トマトと一緒に黒パンにのせて食べます。

乳製品

エストニアには乳製品もたくさんあります。日本でも一般的な牛乳やチーズ、そしてヨーグルトなどの他にも、発酵度の違うサワーミルクの一種である「ケーフィル」、コテージチーズの一つ「コフピーム」、サワークリームの「ハプコール」などが人気です。ケーフィルはエストニア風黄な粉「カマ」と混ぜて飲んだり、コフピームはよくお菓子やケーキ類を作る時に使われます。最後のハプコールは、ありとあらゆるエストニア料理に添えて食されます。

その他の料理

エストニア料理にはたいてい牛乳が使用されますが、大麦やジャガイモのように数種類の穀物と野菜を混ぜて煮込む料理が一般的です。「カーシャ」というひき割り穀物のお粥料理もあります。

DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!
Web TRAVEL