行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

旅の基本情報 現地での移動手段

陸路

ラトビアにはバスルートのネットワークが発達しています。例えば、リエパーヤ行きのバスは1日20回も運行しています。225キロ移動するバスを利用しても、運賃はわずか5ラッツ程度で済みます。また、マールペ、ケカヴァ、サラスピルスなどリガの周辺では、シェアタクシー(相乗りタクシー)やミニバスも走っています。この交通手段はユールマラへ旅行する際は特に便利であり、列車のように途中停車も無いので20分もあれば到着します。リガ市内の移動には、トラムやトロリーバス、バスを利用すると便利です。

鉄道

ユールマラ、スィグルダ、ツェースィス、バルミエラ、サウルクラスティ、ヤルガヴァ、トゥクムス、ウァグレなどへは、リガ中央駅から列車で簡単にアクセスできます。料金はかなり手頃で、リガ=マユァリ間の1時間半の移動が1ラッツの料金です。

国境越え

陸路
大型長距離バスのネットワークがあり、ヨーロッパの主要都市と結ばれています。リガへの直行バスが運行されている都市と所要時間は、ロンドン(ラトビアまでの36時間)、ベルリン(20時間20分)、ベルン(36時間)、プラハ(22時間)、ウィーン(26時間)、ワルシャワ(12時間)、タリン(4時間)、ビリニュス(4時間)となっています。
鉄道
リガ中央駅からモスクワやサンクトペテルブルクに、列車が定期運行されています。モスクワまでの所要時間は17時間、またサンクトペテルブルクまでは13時間です。プスコフ、およびエストニアの国境の町ヴァルガにも鉄道で行くことができます。
ラトビアの主要な港には、バルト海地方のその他の港を結ぶフェリーが運航されています。リガ(客船)港とストックホルムと、ヴェンツピルス港からニュネスハムン(スウェーデン)およびトラベムンデ(ドイツ)、リエパーヤ港とトラベムンデ(ドイツ)がフェリーで結ばれています。
DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!
Web TRAVEL