行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

シャウレイ

シャウレイ

Siauliai

古くからラトビアとの交易が行われ、織物業、皮革産業で発展しました。町の北東部にある「十字架の丘」は、リトアニアを代表する巡礼地としても知られ、2001年に「リトアニアの十字架の手工芸とその象徴」の一つとして無形文化遺産に登録されています。

  • [アクセス]ヴィリニュスから鉄道が1日約3便、所要時間は約2時間半。

    ヴィリニュスからバスが1日10本以上、所要時間は約3時間半。

    カウナスやクライペダからもバスが出ています。

    ※本数や所要時間は変更することがあるため、現地で事前にご確認ください。

十字架の丘

The Hill of Crosses

シャウレイの北12キロの場所にある、おびただしい数の十字架が立つリトアニア最大の巡礼地です。その発祥については明確にされていませんが、初めてここに十字架が立てられたのは、1831年のロシアに対する蜂起の後と考えられています。これらの十字架は、ロシアの圧制により処刑された人たちや、シベリアへ流刑されたリトアニア人たちを悼んだ人々が、一つ一つ持ち寄ったもので、大きさは小さなロザリオから高さ数メートルもある芸術的な十字架まで実に様々です。途中、旧ソ連軍が撤去を試みたものの再び十字架が集まり、いつしか現在のような数になったそうです。すでにその数は5万にもおよび、現在も日々増え続けています。この十字架の丘は「リトアニアの十字架の手工芸とその象徴」として、2008年にユネスコの世界無形文化遺産に登録されました。

  • photo
    (c)www.siauliurajonas.lt
  • photo
    (c)www.siauliurajonas.lt
  • photo
    (c)www.siauliurajonas.lt
  • [アクセス]シャウレイからヨニシュキス(Joniškio)行きのバスに乗り、ドマンタイ(Domantai)で下車。

    ※本数や時刻などは変更することがあるため、現地で事前にご確認ください。

DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!
Web TRAVEL