行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

セヴァンとその周辺

大規模な湖としては世界で最も高地にあるといわれる、アルメニア最大のセヴァン湖で有名な町です。湖畔にあるノラドゥズという村は、聖なる石碑ハチュカルで知られています。

セヴァン修道院

Sevanavank Monastery

photo

セヴァン湖畔にある、9世紀に創建されたいくつもの建物からなる複合宗教施設です。現在は聖使徒教会と、聖書の物語が十字架を囲むようにして彫られている、珍しいハチュカル(十字架の碑)のある聖母教会のみが残されています。この2つの教会の横には、6本の木製の柱でできたガヴィト(回廊)の遺跡があります。このガヴィトや柱の一部は、エレバン歴史博物館で見ることができます。

ハチュカル墓地

photo

ノラドゥズにあるハチュカル(十字架の碑)が林立する墓地です。特に12世紀から13世紀にかけての芸術的なハチュカルが多く残されています。

キャラバンサライ

Selim Caravanserai

その昔、シルクロードの通り道である標高2410メートルのセリム峠に、1332年に建築された隊商宿です。アルメニア国内で最も保存状態の良いキャラバンサライと言われています。ここから望む景色は見事です。

DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!
Web TRAVEL