行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

新着ニュース

DTAC

2017.05.18

今年もツール・ド・アゼルバイジャン開催!

2012年に第一回を開催して以来、今年で6回目を迎える、ツール・ド・アゼルバイジャンですが、5月3日から7日までの5日間、世界18か国から22のチーム、約140人弱の選手が参加して開催されました。

日程と、距離は下記の通り

03.05.2017 Stage 1 / Baku - Sumgayit (150 km)
04.05.2017 Stage 2 / Baku - Ismayilli (187 km)
05.05.2017 Stage 3 / Gabala - Oghuz - Sheki - Oghuz - Gabala (177 km)
06.05.2017 Stage 4 / Gabala - Ismayilli - Agsu - Shamakhy - Pirgulu (164 km)
07.05.2017 Stage 5 / Baku - Absheron - Baku (158 km)

首都バクーから、国内第4の都市であるシェキまで行き、そこから折り返してバクーに戻るという行程。コーサカス地方の美しい自然の中を走り抜けて行くのですが、選手は景色を楽しむ余裕などないほど、山あり、谷あり、海風、石畳ありといったトータル約840kmのかなり過酷なレースです。総合優勝した地元のBaku Cycling Projectの Kirill Pozdnyakov選手のタイムが、20時間10分8秒ですから、平均時速40km。自転車で40km走り続けるのは大変な事です。

日本でも最近自転車はかなり人気で様々タイプのレーシングタイプの自転車なども見かける様になりましたが、ヨーロッパは本当人気で、フランスのツール・ド・フランスが有名ですが、至ることころで自転車のレースが開催されています。

実は、このレースにも日本人選手が9人参加しています。NIPPO・ヴィーニファンティーニチームの、内間康平選手、伊藤雅和選手、窪木一茂選手、中根英登選手とブリジストン・アンカー・サイクリングチームの初山翔選手、西薗良太選手、鈴木龍選手、石橋学選手、大久保陣選手で、日本人最高は中根英登選手が9位でベストテン10入り。今後に期待です。

大会のレポートは、

http://teamnippo.jp/2017/04/30/ (Nippoさんblog)
http://www.anchor-bikes.com/race/blog/2017/05/05_1013.html (ブリジストンさんblog)
*上記URLは2017年5月14日時点での情報です。URLなど予告なく変わる事があるのでご注意ください。)

日本語で大会や選手の活躍ぶりが詳しく書かれています。参加を考えている方(簡単ではありませんが・・・)、観戦を考えている方(こちらは是非!)など興味のある方は是非ご参照ください。

日本でもあれだけ駅伝が人気なのだから、自転車レースありだと思います!

*記事に含まれる情報の日時、場所、内容などは予告なく変わる事があります。ご訪問の際は、公式サイト、現地手配会社、旅行代理店などを通じて事前に必ず再確認をお願いします。



出典:ツール・ド・アゼルバイジャン公式サイト http://tourdeazerbaidjan.com/en/
   AZERNEWS https://www.azernews.az/sports/112647.html

  • photo
  • photo
    Copyright http://teamnippo.jp/
  • photo

▲ ページのトップに戻る

DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!