行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

旅の基本情報 現地での移動手段

空路

バクー市街から北東は20キロ行ったところにヘイダル・アリエフ国際空港があります。国内線のターミナルはその隣にある別の建物で、ナヒチェヴァンとゲンジェへの便があります。航空券は空港のほか、アゼルバイジャン航空のオフィスで購入できます。
空港から市内まではタクシーを利用します。空港ではタクシー運転手が客引きを行っていますが、中には法外な額を請求してくる運転手もいるので、必ず事前に値段を交渉するようにしましょう。市内までの所要時間は30~40分が目安で、相場は20~30マナトです。

陸路

各都市間の長距離バスはトルコと同じ方式になりつつあり、複数の会社が各々のダイヤでバスを運行、夜間バスもあります。地方の町や村の間の移動は、マルシュルートカや乗り合いタクシーが主流です。
バスは1回の利用につき20ガピック、地下鉄の乗車料金は1回の利用につき15ガピック。アゼルバイジャンのタクシーにはメーターがないため、値段はタクシー運転手との乗車前の交渉次第となります。

鉄路

車両は一部を除いて他の旧ソ連圏のものと同じです。外国人料金はありません。地下鉄駅の入口には警官がいて、手荷物検査をされる場合があります。券売所にてカード(2マナト)を購入し、担当者に回数を告げて、カードに乗車回数分(1回の利用につき15ガピック)をチャージしてもらい利用します。駅構内の案内表示はアゼルバイジャン語のみです。

国境越え

陸路
ジョージア(グルジア)
トビリシへの豪華特急があります(予約は市内の旅行会社で可能)が、通常の列車も運行されています。また、バスも運行されています。
ロシア
現在、ロシアはCIS圏以外の外国人に対してロシアやコーカサス方面の国境を閉鎖しているため、窓口でも切符は売ってもらえません。
イラン
港湾ターミナルの前からテヘラン行き国際バスがありますが、国境での待ち時間が長いのでアスタラまで行ってから歩いて国境を越えた方がいいでしょう。
トルコ
トビリシとトラブゾン経由で、イスタンブールへ向かう直通バスがあります。
ウクライナ
キエフ行きの国際バスが運行しています。ロシア領を経由するのでロシアビザが必要です。
トルクメニスタン
カスピ海対岸のトルクメニスタンのテュルクメンバシへの貸客船が、ほぼ毎日運航されています。所要時間は15~18時間です。
カザフスタン
不定期ですが、カスピ海沿岸の町アクタウまで貸客船が運航されています。積荷優先なので、船がいつ出るかは当日まで誰にもわかりません。所要時間は24時間以上です。
DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!