行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

代表的な祭り

クケリ

Kukeri

毛皮を纏い腰にたくさんのベルを付け、恐ろしげな仮面をかぶった「クケル」は、悪霊を遠ざけ無病息災を祈る伝統的な仮装行列です。本来は新年から謝肉祭にかけて、村々の民家を訪れるものでしたが、現在ではブルガリアの村祭りにもよく登場するようになりました。運が良ければ、地方の村を訪れた際に見かけたりするかも知れません。クケルが町を練り歩き、飛び跳ねたりして観衆を沸かせる様子は、日本のナマハゲによく似ています。

イースター

Easter

ブルガリアでは、キリストの復活を祝うイースター(復活祭)は、クリスマス以上に大切なお祭りです。イースター前夜には教会で夜通しミサが行われ、深夜0時になるとキリストの復活が宣言されます。また、イースター当日はカラフルに色を塗ったゆで卵を交換し、この日のために用意した「コズナク」と呼ばれる三つ編みにされた甘いパンを食べます。イースターは移動祭日なので、その年によって日付が変わります。イースターは復活祭であると同時に 春の訪れを祝うお祭でもあります。

  • 参考|祝祭日カレンダー:

    http://www.dtac.jp/caucasus/bulgaria/holiday.php

バラ祭り

Rose Festival

カザンラク(Kazanlak)やカルロヴォ(Karlovo)など

ブルガリアのお祭りの中で最も良く知られているのが、毎年5月下旬から6月初旬にかけてブルガリアの各地で行われる「バラ祭り」です。これはバラの収穫を祝うお祭りで、カザンラク(Kazanlak)やカルロヴォ(Karlovo)などがある「バラの谷」と呼ばれる地方で開催されています。期間中には朝のバラ園でのバラ摘みやバラの女王のお披露目が行われるほか、民族舞踊やパレードなども催され、毎年大勢の観客で賑わいます。

特に有名なカザンラクのバラ祭りは、6月最初の週末の金曜日から日曜日にかけて開催され、一番盛り上がるパレードは最終の日曜日に開催されます。

日程は変わる事もありますので、事前にご確認ください。(バラ祭りは各地で行われていますので、開催場所にはご注意ください) 

  • photo
    (c)ブルガリア政府観光局
  • photo
    (c)ブルガリア政府観光局
  • photo
    (c)ブルガリア政府観光局
DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!
Web TRAVEL