行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

代表的な料理

トルコやギリシャと長く文化を共有して来たブルガリアでは料理の種類も豊富ですが、トルコ料理と大きく異なるのは食材として豚肉も使用するという点です。また、チーズやヨーグルトなど乳製品が多く使われるのも大きな特徴となっています。テーブルに置いてあるチューブリッツァというスパイスは、パンにつけて食べると美味です。

タラトール

細切りにしたキューリが入った、夏の冷たいヨーグルト・スープ

ショプスカサラダ

「シレネ」という羊やヤギの乳で作った白チーズをたっぷりかけた定番サラダ。チーズの塩分が強いので、酢と油だけでさっぱりと頂きます。

カヴァルマ

photo

(c)ブルガリア政府観光局

肉と野菜をオーブンで煮込んだブルガリアの代表料理。材料にはトマト、タマネギ、赤ピーマン、きのこなどが使われます。バリエーションも豊富で、トッピングにはよく卵が使われます。素焼きのポットに入って出てきますので、熱々のうちにお召し上がり下さい。

ムサカ

挽肉と野菜のオーブン焼き。ギリシャ料理として知られていますが、ブルガリアではナス、ズッキーニのほかに、ジャガイモがよく使われます。最後にヨーグルトやチーズをかけて仕上げます。

ケバプチェ

挽肉の細長い炭火焼き。パンに挟めばファーストフードにもなります。

キョフテ

ブルガリア風ハンバーグ。炭火焼きと鉄板焼きがあります。

サルミ

バルカン風のロールキャベツ。塩漬けにしたキャベツやブドウの葉で、挽肉と米を包んで煮込みます。

DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!
Web TRAVEL