行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

新着ニュース

DTAC

2017.07.28

絶対に外せない代表的なブルガリア料理7品のご紹介

ブルガリアの料理、と言われても残念ながら何も思いつかず、安易にヨーグルトだから、ヨーグルトサラダかな?なんて邪推してしまいます。

でも意外に見当はずれでもなくて、地理的な関係から、ギリシャ・トルコ・セルビア、そしてアドリア海を超えてイタリアといった地域の影響を受け、バルカン半島の風土に合わせて独自の料理になっていったそうです。

そんなブルガリア料理をkashkaval touristさんのblogからご紹介させて頂きます。
http://www.kashkaval-tourist.com/7-bulgarian-food-classics/

素材的には美味しい野菜と乳製品が売りみたいで、お肉は豚と鶏が中心で、羊も伝統的な料理で食べるそうです。もちろん黒海の採れたシーフードも良く食べるそうです。

味付けはマイルドで比較的クセは無いとの事。

英語&現地語のメニュー名(英語名はニックネームみたいですが)、あと簡単なコメントだけを。是非現地に行ってご自分の舌で確かめて下さい。写真・詳細は上記リンクにて。Bon appétit !

1. Banitsa (баница)

Baked extravaganza(正直言ってこの英語分かりません、焼いた何か?) でも説明と写真からすると野菜のパイみたい。味は甘いそうです。一切れ0.50~0.75 €

新年やクリスマスにはパイの中に幸運アイテムを入れて当たった人はその新年の運が良くなるという遊びをするらしいです。
フランスのガレット・ド・ロワみたいな感じ?

2. Kebapche (кебапче)

グリルの王様(King of the grill) 見た目はミックスグリルかソ―セージコンボ。味はどんな味だろう。作り方によると、合挽を使ってスパイスを軽く効かせるとあります。ただ、無茶苦茶ビールに合うらしく(そりゃそうだけど、ちょっとドイツ的)、夏のビールには欠かせない一品だそうです。現地では、Kamenitza と Zagorkaがビールの2大ブランドらしく、それはどちらでもOKとのこと。(笑)

これは前菜みたいなサイドメニューで、付け合わせはフレンチフライが一般的で、粉チーズをかけて食べるらしい。
(恐らく)一本0.50~1 €

3. Shopska salata (шопска салата)

最初の一品?(Head start) ブルガリアの代表的なサラダ。トマト、キュウリ、玉ねぎ、そして粉チーズ(地元のセイレンチーズを使うみたい)のシンプルなサラダ。

このサラダがブルガリアの代表的なサラダなのはトマトの赤、キュウリの緑、そして粉チーズの白で国旗を表しているからなのだそうです。

サラダにはドレッシングが重要なのですが、残念ながらコメントはありませんでした。 一皿1.25~2.50 €

4. Musaka (мусака)

善行を重ねて?(Goodness with goodness on top)

いわゆるムサカですね。ギリシャ料理で有名ですが、ギリシャはナスを使い、ブルガリはポテトを使うそうです。そしてヨー
グルトと隠し味に使います。(恐らく)一切れ1.50~3 €

5. lyutenitsa (лютеница)

子ども時代の大好物(Childhood favourite) これはトマトベースのソース。トーストの上にのせて食べるらしい。どこの家庭でも大体秋ごろに作るソースで、それぞれにお袋の味があるとの事。トマト、玉ねぎ、ガーリックに、ローストした胡椒がアクセントになって独特の味にしているそうです。ソースは一瓶で小売り0.75~1.25 €

6. Shkembe chorba (шкембе чорба)

竜の息(Dragon’s breath) 名前からしてちょっと大人向けのスパイシーな料理を想像させますが、まさにかなり癖のあるスープみたいです。基本は牛の胃袋、フランス料理のトリッパのスープです。それに、お酢、油(恐らくオリーブオイル)、塩、そして(恐らく)唐辛子のスライスなどでスパイシーな味付けをするそうです。

特に二日酔いの特効薬として飲まれるそうです。ただこのスープを飲む際にはビールも必需品というので、併せて向かい酒もするみたいですね。(笑)一杯0.75~1.5 €

7. Tarator (таратор)

夏にホッと一息(Summer refresher)

竜の息のスープとは違い、軽くあっさりした冷たいスープです。ヨーグルトベースで、きゅーり、ガーリック、ハーブ、ナッツ、そして時には氷を入れて暑い夏に味わうそうです。

これのサラダ版もあって、それはギリシャのザジキに似た感じで、Snezhanka (Snow-White)というそうです。いずれにしてもヨーグルトの本場、美味しくない訳が無さそうです。

―――――――――――――――――――――――――――――

ブルガリア代表する料理7品いかがでしたか? こうやって見るとかなりいろいろな国の影響を受けているな、という感じですね。

各国の美味しいとこ取りをしたブルガリ料理。ぜひ現地でトライしてみて下さい!

*記事に含まれる情報の日時、場所、内容などは予告なく変わる事があります。ご訪問の際は、公式サイト、現地手配会社、旅行代理店などを通じて事前に必ず再確認をお願いします。

  • photo
    (c)http://www.kashkaval-tourist.com
    ブルガリアの代表的なサラダShopska salata
  • photo
    (c)Bin im Garten for Wikipedia
    ムサカ
  • photo
    (c)Ikonact for Wikipedia
    冷たいスープTarator

▲ ページのトップに戻る

DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!
Web TRAVEL