行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

旅の基本 情報旅の準備

通貨・両替・チップ

通貨
通貨はレフ/BGN(複数形はレヴァ)、/ 1レフ=約65円、1レフ=0.5586アメリカドル(2016年1月現在)
両替率は1ユーロ=1.95583レヴァに固定されています。
紙幣は2、5、10、20、50、100レヴァ、硬貨は1、2、5、10、20、50ストティンキと1レフ。
両替
ソフィアなど大都市では日本円からレヴァへの両替も可能ですが、地方では困難なのでユーロも現金で用意し、現地で両替してから使用するのがおすすめです。
クレジットカード/ATM
都市部ではATMで国際キャッシュカードが、ホテルや大きな店舗などではクレジットカードが使用できます。
物価
ミネラルウォーターは売店で50ストティンキ。その他、ビールはレストランで5レヴァ前後、屋台のケバブやピザの切り売りが2~3レヴァ、庶民的なレストランで3コースを注文して15~20レヴァ、観光客向けのレストランでは40~50レヴァが目安となります。
また、ホテルは格安のプライベートルーム(民宿)は15レヴァ程度からあり、中級ホテルは40~70レヴァ、高級ホテルなら100~250レヴァ程度と幅があります。
チップ
高級レストランでは10%以内の切れのいい額、タクシーでは端数を切り上げて渡すのが一般的です。ホテルでは何か用を頼んだ時に1~2ユーロを渡す程度で良いでしょう。
また、公衆トイレでは50ストティンキ程度のチップが必要となります。

時差・通信・電圧

時差
日本より7時間遅れています(日本が正午の時、ブルガリアは午前5時)サマータイム実施中の時差は6時間になります。(サマータイムは3月最終日曜日の深夜2時から10月最終日曜の深夜2時まで)国内の時差はありません。
電話
ブルガリアの国番号は359。ソフィアの都市番号は02。
公衆電話には電話機がオレンジ色のブルフォンと、ブルーのモビコムがあり、それぞれのテレフォンカードが発行されています。テレフォンカードは電話局やキオスクなどの売店で購入でき、どちらからも国内、国際電話がかけられます。最近ではインターネットカフェや電話オフィスなどで、格安で電話がかけられるようになりました。
インターネット
主な都市にはネットカフェがあり、ホテルでもインターネットのサービスが普及してきましたが、日本語のOSやソフトが入っているところはまだ少ないのが現状です。新しいホテルや高級ホテルでは、徐々にWiFiが使えるところが増えています。
郵便
ブルガリアの郵便ポストは黄色です。日本への航空郵便はハガキが50ストティンキ。切手は郵便局だけでなく、街中のキオスクでも購入できます。
電圧とプラグ
電圧は220ボルト、周波数50ヘルツ。プラグはヨーロッパ大陸で多く使用される2穴のCタイプ。日本の電気器具は変圧器を使うか、自動変圧タイプのものが必要です。

旅のシーズン・服装

旅のシーズン
ブルガリアには四季があります。気候は地域で差があり、南部や黒海沿岸は年間を通じて比較的温暖ですが、首都ソフィアやバルカン山脈から北部にかけては、夏は暑く冬は冷え込みの厳しいヨーロッパ内陸性気候です。

  • 春(3~5月)
    3~4月はまだ寒い日が多く防寒具が必要です。4月には木々が芽吹き、菜の花や野草が咲く美しい季節が始まります。夜半は冷え込みますのでジャケットが必要です。5~6月になると日照時間が長くなり、森や丘陵は目にしみるような緑に包まれます。バラ祭りなどが行われ、旅行のベストシーズンを迎えます。

  • 夏(6~8月)
    ソフィアなど内陸部は暑く、日ざしも強くなって日中の気温が30度を超える日もあります。
    夏は気温が高くても湿気はなく、日本に比べれば過ごしやすいですが、日ざしは強いので紫外線対策が必要です。
    スイカやメロンのおいしい季節となり、ドナウ平原ではひまわりの花が一面に咲き誇ります、ベストシーズンを迎えた黒海のビーチには、海水浴を目的にヨーロッパ各地からの観光客で賑わいます。遊泳は9月下旬くらいまで可能です。また、各地で音楽や演劇のサマーフェスティバル、屋外コンサートなどが開催される他、トレッキングにも最適の季節です。

  • 秋(9~11月)
    9月、10月は過ごしやすく、ソフィアでは日中の気温も20前後まで上がる日もありますが、朝晩は冷え込むようになります。10月には木々が色づき、各地で美しい紅葉がみられます。
    気温は10月下旬から急激に低くなり、11月にはもう防寒具が必要となります。

  • 冬(12~2月)
    日照時間も短くなり、ソフィアや山岳部では積雪があります。気温は日中でも0度を下回る日が多くなりますので、しっかりとした防寒対策が必要となります。また、路面も凍結するので、滑りにくい靴を用意すると良いでしょう。
    冬はソフィアからも近いビトシャ山、リラ山脈、バンスコに近いロドピ山脈などでは、スキー、スノーボードなどウィンタースポーツが楽しめます。
DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!
Web TRAVEL