行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

トビリシの周辺

 世界遺産

ムツヘタの文化財群

Mtskheta

1994年に世界文化遺産に指定され、現在は危機遺産にも指定されています。首都トビリシの北20キロ、ムトクヴァリ川とアラグヴィ川の合流地点に位置するこの町は教会も多く、町全体が美術館のように美しいたたずまいです。紀元前4世紀から5世紀ごろまで、ムツヘタは東部ジョージア(グルジア)で強大な勢力を誇ったイベリア王国の首都でした。この王国はジョージア(グルジア)で初めてキリスト教を国教とした国で、ムツヘタには古い聖堂などが多く残ります。100年ほど機能したのち、首都はトビリシに移りました。2000年、保全状態があまりよくないことから、危機遺産にも指定されています。

■スヴェティツホヴェリ大聖堂 (Svetitskhoveli Cathedral)
ジョージア(グルジア)最古と伝えられる聖堂。建物は11世紀ごろに再建されたものです。イエス・キリストが磔(はりつけ)になったときの上着の一部が、持ち主の女性とともにここに埋められているという伝説が残ります。墓所から育った杉の木から流れた樹液が病を癒したことから、「命を与える柱」という意味で教会の名前が名付けられました。キリスト教を国教化した王ミリアンなど、イベリア歴代王もこの教会に葬られています。

■ジュヴァリ聖堂 (Jvari)
6世紀の修道院。美しいレリーフやファサードが残りますが、現在損傷が激しく保存の必要性が訴えられています。

  • photo
    町の様子
  • photo
    ジュワリ大聖堂
  • photo
    スヴェティツホヴェリ大聖堂

ジョージア(グルジア)軍用道路

Military Road

トビリシから大コーカサス山脈を越え北オセチア共和国の首都ウラジカフカスまで伸びる全長210キロの道。1799年、ロシア軍が軍用に作ったもので、ロシアとコーカサスの動脈として機能しました。トビリシから古都ムツヘタ、さらに人造湖ジンヴァリ貯水湖や湖畔のアヌメリ教会、歴史あるスキーリゾートのグダウリを経てジュヴァリ峠へ。標高2395メートルの地点に十字架が立てられています。11世紀、ジョージア(グルジア)王ダヴィド4世がイスラム教国オセチアとの境界を定めるために十字架が立てられたことに因んで、1824年にロシアの手によって石の十字架が立てられました。ここから臨むコーカサス山脈の白銀の嶺は絶景です。ロシアの作家プーシキンはこの風景を愛し、作品にも反映させました。

  • photo
  • photo

ドマニシ

Dmanisi

トビリシから南西に80キロあまり、アルメニア国境近くにある町です。かつてはビザンチンなどへ向かうキャラバンの通行路として重要なスポットでした。近郊にあるドマニシ遺跡では175万年前の人骨が発見されています。これはユーラシア最古のものです。骨の状態から二足歩行で、手で道具を使っていたと考えられています。また、6世紀創建のドマニシシオニ教会もあり。こちらは外壁の装飾がみごとです。

DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!
Web TRAVEL