行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

歴史

歴史概略

アルゴ探検隊漂流記やプロメテウス神話など、ジョージア(グルジア)はギリシャ神話にも登場する歴史の深い国です。しかしヨーロッパと東方諸国を結ぶ重要な場所に位置していたため、その歴史は諸国の侵略の繰り返しでした。
人類が暮らし始めたのは旧石器時代人。人骨が発見されており、前4000年-3000年には農耕や牧畜が発展、前3000-2000年には青銅器文化が発展したことが分かる遺跡が発見されています。
前2000年期の終盤から種族の連合のようなものが現われはじめ、紀元前6世紀には西部にコルヒダ王国が出現。同時に黒海沿岸はギリシャ植民地となります。
紀元前4世紀、東部ジョージア(グルジア)にはムツヘタを首都としてイベリア(カルトリ)王国が登場。紀元前65年、コルヒダもイベリアもローマによって占拠されますが、イベリアはやがて勢力を盛り返します。
紀元3-4世紀になると、イベリアの勢力も弱まり、368年、ローマとササン朝ペルシャが西部の支配を始めます。このころ、キリスト教はイベリアの国教に認定されます。5世紀になるとイベリア王国の首都はムツヘタからトビリシに移り、6世紀になると東部ジョージア(グルジア)はペルシャの勢力下に。西部はローマが引き続き勢力下におさめていました。
6世紀後半にペルシャとローマの支配下から抜け出してほどなく、7世紀中ごろに東部ジョージア(グルジア)はアラブの支配下に入ります。
9世紀、アラブの支配下から抜け出ると、いくつかの封建国家が登場、勢力争いを始めます。10世紀の終わり頃、その中のひとつ、タオクラルジェチが勢力を強めてクタイシを首都にジョージア(グルジア)王国を建国、バグラオチニ王朝がはじまります。11世紀、ダヴィド4世の時代にはセルジュク・トルコを撃退、北アルメニアまで勢力を広げます。彼の孫・タマラ女王(1184-1213)のときに王国は最盛期を迎え、キエフ・ルーシ、エジプト、インドなどとも交流します。文化的にも大いに発展した時代でした。
13世紀になるとモンゴルが来襲、その支配が100年続きます。そのあとはチムール軍の来襲を受け、国土は荒れます。15世紀になるといくつかの王国や半独立的な候国が登場し、全土は分割支配が続きました。
16世紀に入るとイランとトルコが来襲、長期にわたる支配が続きます。このころ、ジョージア(グルジア)諸侯はロシアとの関係を深め、モスクワにはジョージア(グルジア)人居住区が作られます。
18世紀には東ジョージア(グルジア)王国など中央集権的な国家が誕生し、ロシアとの友好関係を結び一時的に安定しますが、再びペルシャやトルコが侵入。1801年、ロシアは東部ジョージア(グルジア)を併合し、トルコとの2度の戦争を経て19世紀後半にはジョージア(グルジア)は全土がロシア領となります。公用語がロシア語になるなどロシア化がすすめられ、住民はロシアと同じように貴族と農民に分けられます。反発を強めたジョージア(グルジア)人は何度か反乱を起こし、1905年のロシア革命でも積極的に参加。ソビエト政権が樹立されてから、1936年にジョージア(グルジア)共和国としてソ連の一員となります。

1991年にソ連が崩壊すると、共和国として独立しました。

略年表

世紀 年代 できごと
紀元前12世紀   ディアオヒ王国とコルヒス王国 (アルゴ探検隊の時代まで遡ります)
紀元前6世紀   西ジョージア(グルジア)にコルキス王国成立
4世紀   キリスト教に改宗。
562年 西ジョージア(グルジア)、ビザンツ帝国により併合
6世紀   東ジョージア(グルジア)、ササン朝ペルシアにより征服
7世紀   東ジョージア(グルジア)、アラブにより征服
10世紀 975年 バグラティオニ朝成立。タマラ女王のもとバグラト朝の最盛期を迎え、南コーカサス全域を支配
11世紀 1089年 1089年 ジョージア(グルジア)が統一され王国となる。
11-13世紀   世紀はジョージア(グルジア)の黄金時代とも称される。その時代にジョージア(グルジア)は地域の最も強い国として登場する。
13~14世紀   数々の外敵の侵入により国土の疲弊
16~18世紀   オスマン王朝とサファヴィー朝により東西に分割
1783年 ギオルギエフスク条約により、東ジョージア(グルジア)、ロシアの保護領に
19世紀 1801年 ロシアによる東ジョージア(グルジア)併合
1873年 露土戦争の結果、前東ジョージア(グルジア)がロシア領に帰属
20世紀 1918年5月26日 ロシアから独立宣言をする
1920年 ロシアがジョージア(グルジア)の独立を承認するが、赤軍に首都を制圧され崩壊した
1921年

赤軍チフリス入城により、ジョージア(グルジア)・ソヴィエト社会主義共和国成立

1922年 アルメニア、アゼルバイジャンと共にザカフカース・ソヴィエト連邦構成共和国を形成し、ソ連邦に加入
1936年 スターリン憲法により、独立した連邦構成共和国となる
1991年4月9日 共和国独立宣言
1991年5月 ガムサフルディア、初代大統領に当選
1992年1月6日 反ガムサフルディア派、大統領官邸占拠。ガムサフルディア大統領ジョージア(グルジア)から脱出
1992年3月 国家評議会設置。シェヴァルナッゼが国家評議会議長に就任
1995年11月 シェヴァルナッゼが大統領就任
21世紀 2003年11月 野党勢力が議会を占拠、シェヴァルナッゼ大統領辞任
2004年1月 サーカシヴィリ大統領就任
2007年 反政府デモ隊と治安当局の衝突により多数の負傷者がでたことを受けジョージア(グルジア)全土に非常事態宣言が発令される
2008年 南オセチア州を巡りジョージア(グルジア)とロシアの間において紛争が勃発
2009年 サーカシュヴィリ大統領の辞任を要求し、反政府集会が開かれる
DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!
Web TRAVEL