行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

新着ニュース

DTAC

2017.12.02

トビリシでワイン醸造の最古の証拠が見つかる!?

photo

(C)www.georgianjournal.ge : Photograph by Stephen Batiuk
8000年前と見られる土器の壺が見つかった現場

ワイン発祥の地とも言われる(*諸説あり)ジョージアで、2017年11月にワインの醸造に使ったと思われる8000年前のものと推定される土器の壺が見つかりました。

見つかったのは、首都トビリシから南へ50kmほど行った小さな村のGadachrili Goraという名のmound(土塁? 恐らく古墳では)。

これまで見つかった最古の証拠はイラン北西のザグロス山脈(the Zagros Mountains)で見つかった陶器で、紀元前5400年から5000年のものとされていますから、さらに3000年も前に遡る事になります。

BBC Newsとナショナルジオグラフィックが詳しく取り上げており、地元メディアも、「やはりワインはジョージア!」と言わんばかりに大々的に報道しています。

今から1万年前にワインですか・・・ワイン恐るべし!

そして「やはり」と言われる「ワインのジョージア」にワインを巡る旅をしてみたいですね。

Georgian Journalさんの情報から(動画音声注意)
https://www.georgianjournal.ge/discover-georgia/33931-oldest-evidence-of-wine-making-found-near-tbilisi.html

*この記事に含まれる情報の日時、場所、料金、内容などは予告なく変わる事があります。ご訪問の際は、公式サイト、現地手配会社、旅行代理店などを通じて事前に必ず再確認をお願いします。

カテゴリー:旅行・観光情報

▲ ページのトップに戻る

DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!
Web TRAVEL