行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

旅の基本 情報旅の準備

通貨・両替・チップ

通貨
ジョージア(グルジア)の通貨はジョージア(グルジア)ラリ(GEL)です。1ジョージア(グルジア)ラリは100テトリ。
※1ジョージアラリ=約48円、1ジョージアラリ=0.4129アメリカドル(2016年1月現在)
両替
トビリシ市内には両替店が数多くあります。ただし両替できるのは、アメリカドルかユーロ、日本円の両替は難しいと思ってください。
物価
ミネラルウォーター(500ml)は0.3〜0.6アメリカドル(銘柄による)、缶ビールは地元のビールですと0.5〜1.0アメリカドル。一般的なローカルレストランでのディナーは食事の内容にもよりますがだいたい15〜20アメリカドルです。タクシーは日本のように定額制ではありません。トビリシの空港から市内までの場合、安いと20〜30ラリ、高いと40〜50ラリぐらいです。(2015年9月現在)

時差・通信・電圧

時差
日本時間-5時間。現地の正午は、日本の午後17時です。国内の時差、サマータイムはありません。
電話
ジョージア(グルジア)の国番号は995で、トビリシの市外局番は32です。携帯電話GSM900~1800のネットワークがあります。携帯電話や他の市へは、まず8をダイヤルした後にそれぞれの番号。国際電話は8と10、国番号の後、それぞれの番号となります。市内には公衆電話もあります。
インターネット
ほとんどのホテルで無線LAN設備が整っています。カフェなどのなかにも、無線ランの設備があるところもあります。ネットカフェは1時間1~2ラリほどです。地方都市は数が少ないので注意を。 また、この地域で使われることが多いロシア語版のWindows XPには、日本語は入っていません。
郵便
エアメールは日本まで1枚2.4ラリで小包は日本まで3キロで44.5ラリです。ホテルなどでも出せますが、急ぎの場合は郵便局に行ったほうが確実でしょう。
電圧とプラグ
ジョージア(グルジア)の電気は50ヘルツで220ボルトです。日本の電気器具は変圧器が必要です。EUで使われている標準的なプラグ(Cタイプ)がジョージア(グルジア)でも利用できます。

旅のシーズン・服装

旅のシーズン
日本の東北地方とほぼ同じ緯度ですが、コーカサス山脈の影響を受けています。7月と8月は40度近くまで上がることがありますが、山岳地帯へ行くならこの季節が最適です。 ジョージア(グルジア)は冬も温暖だといわれますが、それは黒海沿岸やトビリシ周辺のこと。内陸部は過ごしやすい気候が続く5月と9月がおすすめです。

  • 東ジョージア(グルジア)
    丘陵地帯が多く、シハラ山(5068メートル)を最高峰にした大陸性気候。夏は30度から35度近く、冬場は氷点下に気温が下がることもあります。

  • 西ジョージア(グルジア)
    沿岸の平野部は湿潤な亜熱帯気候で、高原は地中海性気候です。特に沿岸部は降水量が多く冬でも暖かい気候です。夏は30度くらいで、冬場も最低気温が10度程度です。

旅の服装
気候は温暖なので、日本とほぼ同じ服装で大丈夫です。ただ冬季の内陸部、特に大コーカサス山脈では10月~4月ごろまで雪が降り、冷え込みも-10~-20度と非常に厳しいのでこの時期は防寒の準備が必要です。
DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!
Web TRAVEL