行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

ルーマニア基礎知識

ルーマニア国旗

国の花:バラ
国の花:バラ(ドッグローズ)

国の概略

国名 ルーマニア Romania
首都 ブカレスト
人口 約1,994万人(2014年 / 外務省各国地域情勢参考)
政体 共和制
民族 ルーマニア人(83.5%),ハンガリー人(6.1%)。トラキア人と呼ばれるラテン系の民族です。
自然・地理

面積23万7,500 平方キロで、日本の本州と同じくらいの大きさです。モルドヴァ、ウクライナ、ハンガリー、セルビア、ブルガリアと国境を接し、国の東端は黒海に面しています。ブルガリアとの国境を分けるのはドナウ川。ルーマニア東部で黒海に注ぎ込み、河口ではドナウデルタを形成しています。

ドナウ川河畔・国の南部には平原が広がり、首都のブカレストもここにあります。そこから北には、トランシルヴァニア盆地を囲むようにカルパティア山脈とトランシルヴァニア山脈が連なり、周辺は平原。起伏に飛んだ国土です。
教会は国や民族を単位としていますので、それぞれの国の首府に本山があります。したがって、呼び名も古代からの総主教区を除いて、ブルガリア正教会、セルビア正教会、ルーマニア正教、ロシア正教会などと、それぞれの国の名が正教会のまえにつきます。
ルーマニア正教
十字架に架けられたハリズトス(キリスト)が復活したのち、彼の弟子たちは使徒となって復活の福音を全世界に伝道しはじめました。使徒たちから伝えられたハリストスの復活の福音を中心にした生活を、今日に至るまで連綿と継承しているのが正教会です。
当初キリスト教はローマ帝国から迫害されていましたが、300年初頭、コンスタンチン大帝がキリスト教を国の正しい教会として受け入れました。
その時代から、キリスト教は、五大総主教区を中心に全世界に分布するようになりました。ローマ帝国の管区をもとにした五つの総主教区は、それぞれローマ、コンスタンチノ-プル、アンテイオケ、アレキサンドリア、そしてエルサレムの都市によって、まとめられていました。
8世紀から12世紀の間にかけて、ローマ総主教区が分かれ、さらに500年前にプロテスタント教会も誕生。現在、キリスト教には大きくわけるとカトリック、プロテスタント、そして正教会の3つのグループがあります。
正教会が「ギリシャ正教」の名称でよく知られているのは、ギリシャの国教であるから、というだけではありません。使徒たちがギリシャ語で伝道しはじめたキリスト教、つまり、原初からのキリスト教であり、本家本元であるという気持ちがこめられています。
正教会は、エルサレムをはじめとして、シナイ山、中近東各地、ギリシャ、ルーマニア、ブルガリア、ロシア、アルメニアなどの地域に分布しています。
教会は国や民族を単位としていますので、それぞれの国の首府に本山があります。したがって、呼び名も古代からの総主教区を除いて、ルーマニア正教のように、国の名が正教会のまえにつきます。

文化・宗教・言語

工芸
  • 民族衣装現在でも昔の姿のままの衣装が伝わっています。若い女性は明るい色、年配の女性は暗い色を使い、襟や胸、袖、袖口、肩のあたりには刺しゅうがほどこされ、なかでもブコヴィナ地方では花をデザインした刺しゅうがみごと。素材は羊毛・シルク・金・銀など華やかに服を彩ります。女性のシャツは「IA」と呼ばれ、モダンな服との相性もよくお土産としても人気。きれいな織物のエプロンも特徴的で、モチーフには幾何学模様や自然(花・植物など)が使われ、色は黒や明るい色のものなどさまざまです。
    トランシルヴァニアのクルージ・ナポカ周辺はハンガリーの文化圏で、衣装も華やかな花模様やたっぷりとしたプリーツのブラウスなど、華麗なものが伝えられています。
  • 工芸品 木の彫刻、刺しゅう、織物、カーペット、陶器、ガラスなどがルーマニアの工芸品です。
    豊かな森に抱かれたマラムレシュ地方などでは昔から木の彫刻が盛んで、家、門、塀、家具、宗教上の道具なども木の彫刻が見受けられます。美しい彫刻が施された木造教会は見所のひとつです。
    陶器もまた、1000年以上の歴史を持つ伝統工芸。ブカレストからバスで四時間あまりのホレズは陶器の街として有名です。ほかにも、ブコヴィナの黒陶器など特色ある陶芸が各地で見られます。
  • お土産にもなる工芸品教会で販売されているイコン(聖なる絵や像)、木彫りの素朴な食器や小物、華やかで細かい模様がびっしりと描かれたイースターエッグ、民族衣装のブラウスなどがおすすめです。織物、刺しゅうの小物なども種類豊富。
主な宗教
ルーマニア正教(87%)、カトリック(5%)
言語
ルーマニア語 (ラテン系の言葉)。 第一外国語は英語です。フランス語、ハンガリー語、ドイツ語も通じます。
  • ルーマニア語のあいさつ
  • こんにちは:ブナ ディミーヤーツァ
  • ありがとう:ムルツメスク
  • さようなら(また会いましょう):ラ レヴェデーレ
  • はい:ダー
  • いいえ:ヌー

経済状況

経済状況 [データ]一人当たりの国内総生産(GDP)は10,034アメリカドル、経済成長率は2.9%、物価上昇率は1.0%、失業率は6.8%(2014年/IMF)。
[概要]世界的経済危機の影響で経済成長率は悪化し、国内消費も大幅に落ち込みましたが、それを機に消費に頼るのではなく、生産と輸出を増加させる健全な経済成長を目指した結果、輸出、さらにGDP成長率も上昇。2013年にはEU内で2番目となるGDP成長率を記録し、その後、2014年・2015年もプラスを記録しています。※2016年1月/外務省HP・各国地域情勢
ビジネス環境 総貿易額は海外への輸出が524億アメリカドル、輸入が585億アメリカドル。主要貿易品目は輸出が自動車・輸送機器、農産食料品、輸入が自動車・輸送機器、化学製品など。主要貿易相手国は輸出がドイツ、イタリア、フランス、輸入がドイツ、イタリア、ハンガリー(2014年/ルーマニア国家統計局)。
日本との関係 [対日貿易]日本からの輸出が354億円、ルーマニアからの輸入が524億円。主要品目は日本からの輸出が自動車部品、自動車など、ルーマニアからの輸入が木材、衣類など(2014年/外務省HP・各国地域情勢)。
[日本の経済協力]日本はルーマニアの民主化・市場経済化を支援するため、1991年から経済協力をしてきましたが、同国の経済発展状況及びEU加盟を踏まえ、2011年度末に全て終了。※参考資料2016年1月/外務省HP・各国地域情勢
DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!
Web TRAVEL