行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

ドナウデルタ

 世界遺産

ドナウデルタ

Danube Delta

最大の自然保護地域は、ドナウデルタの一部です。58万ヘクタールという広大な地域に、葦、沼地、池、柳の林が広がり、鳥や渡り鳥たちの楽園となっています。1991年、世界自然遺産に指定されました。雄大なドナウ河は、ドイツの山岳地帯に源流を持ち、8カ国を通り抜けてルーマニアから黒海に注ぎだします。河口に広がるのがドナウデルタ。キリア、スリナ、聖ゲオルゲという3つの運河が走り、漁師たちが魚を捕ったり、行楽客が船遊びを楽しんだりしています。その間には豊かな湿地帯が広がり、稀少な動植物を育んでいます。生い茂る柳の林、ペリカン、ハクチョウ、ウミウ、カモなどの野鳥の群れ、そしてアシ、ハス、つた植物、さらに樹齢数百年の大木や運河を行き交う小舟などがおりなす光景は、ヨーロッパでは、このドナウデルタでしか見られません。 有名なラムサール地区をはじめ、エリア内での自然保護地区は18ヶ所。ロシュカ・ブハヨヴァ保護地区はヨーロッパの最大のペリカン群生地で、サカリンザトアネ地区にはペリカンの希少種が棲息しています。 ドナウデルタにはヨーロッパの魚類の98%を占める、3,400種以上の魚がいます。産卵期を除き、いつでも魚釣りを楽しむことができます。野鳥は325種。ペリカンをはじめ何種類かの野鳥が、法律によって保護されています。ペリカンが数多くいる地区は、ウズリナ、マリユック、フォルトゥナ湖、マチツァ湖です。カワウソ、キツネ、ヤセイネコ、オオカミ、イノシシ、ウサギ、ケナガイタチなどたくさんの動物も暮らしています。植物の種類はスイレン、ヤナギ、アシ、太藺、ポプラ、ハンノキ、など1,150種にのぼります。自然記念物指定の林もレテア林、カラオマン林、エレンチュク林と3つあります。

スリナ

Sulina

19世紀頃は栄えていた町でしたが、ドナウデルタの一番はずれということもあり、現在のアクセスはボートだけというとても不便な町です。道路も塗装されておらず砂道ですが、スリナには豊富な自然、キラキラした海、生き生きした漁師とともに昔ながらの生活が残っています。また日曜には教会へ行くスカーフをかぶったおばあちゃん達や、働く漁師達をみかけることができます。この町の川の主な収穫はチョウザメでしたが、EUの政策により10年間チョウザメの漁獲が禁止されています。ただ、うわさでは来年からチョウザメの漁が始まるのではと言われています。

  • photo
    (c)Exact Tours
  • photo
    (c)Exact Tours
  • photo
    (c)Exact Tours
DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!
Web TRAVEL