行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

ワイナリー巡り

ワイン・テイスティング・ツアー

ルーマニアはヨーロッパの主要ワインの生産国で、人々に広く愛されています。歴史も古く、紀元前からワインの製造が行なわれていました。中世ヨーロッパの皇帝・国王たちが愛飲していたのも、ルーマニアのコトナリの白ワインだったのです。19世紀の後半には有名なワイン国際博覧会で高い評価をうけ、パリでルーマニアワインの大ブームが起きたほどです。

■ムルファトラー(Murfatlar)
ドブルージャン・ワインを片手に、船の旅はいかがでしょうか。青きドナウ河を、海岸線までゆったりと下る旅です。眼前に広がる「Murfarlar」のブドウ畑の真中に、2階建ての建物が見えてきます。160人が座れるレストラン“テンプル・オブ・ディオニサス”を始めとして敷地内にはワインミュージアムなどもあり、ムルファトラーの地酒ワインを試飲できるようになっています。マトンのソーセージと、ロールキャベツを主とした郷土料理に舌鼓をうちながらこの土地のフォークロア音楽に耳を傾けるのも一興です。

■ウルラティアーヌのワインセラー(Urlateanu)
ここは時代の波にもまれ、多くの戦争を経験してきたレトロな雰囲気いっぱいの場所。古き良きルーマニアを感じさせてくれる、レストランでのワイン・テイスティングは地酒の味をいっそう引き立ててくれます。50人定員の小さなワイナリーですが、落ち着いた時間が過ごせます。

■セシューハウス(The Seciu House )
プロイエスティ市から26km。二つの丘にはさまれてセシューワイナリーがあります。ワイン貯蔵庫とテイスティング・ルームが備えられ、地元で獲れた山の幸、川の幸がどっさりと用意されるのがうれしい。夏場ともなれば、定員600名がいっぱいになるほどの人気ワイナリー。30人が宿泊できる、宿泊施設も備えられています。

■ステファネスティ(Stefanesti )
50人でいっぱいになる小さなワイナリー。ここではワイン製造工場や、ワイン畑にも案内してくれます。敷地内には「Stefanesti-Arges」のワイン生産リサーチセンターも併設されています。

■ミニス(Minis)
ミニス市のワイン生産開発センターは、非常に興味深い場所です。ここでは、ワイン生産について何でもわかるミュージアムが、センター内に設けられています。また、毎年9月の最後の日曜日になると、盛大なワイン祭りが開かれます。

■ジドベイ(Jidvei )
ワイン・テイスティングが楽しめるのは「Cetatea de Balta and Balcaciu」。なかでも面白いのは、人気の民族音楽バンド”Fetele de la Capalna” で踊られるダンスの振り付けが習えることです。

■パンチュー(Panciu )
ワイン、シャンパンのどちらも楽しみたい人は、「SC Veritas Panciu SA」がオススメですテイスティングのあとの、ブドウ畑の散策なども魅力的です。

DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!
Web TRAVEL