行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

ワイン

ルーマニアでは食事の時にワインを飲むのが一般的です。白ワインならコトナリ Cotnari、赤ワインならムルファトラー Murfatlar、ロゼならブスイオアカ・デ・ボホティン Busuioaca de Bohotinが有名です。 食前酒としてツイカ Tuicaという強い蒸留酒が飲まれることも多いです。

ワインの産地とブランド

■Cotnariコトナリ
コトナリはモルダビア・ワインの聖地。
Grasa de Cotonariはルーマニア・ワインの王様とも言えるでしょう。味はクリーミーで、蜂蜜とアーモンドの香りがただよいます。ケーキやクッキーにもぴったりのはず。Romanian Mascadet は同じく甘いワインで、食後におすすめです。

■Murfatlarムルファトラー
コトナリが白ワインで有名なら、赤ワインはムルファトラー。ドブルージャ地方の有名ワイン畑はムルファトラーに集まります。

■Husiフシ
4つの丘に囲まれたワインの産地、フシ。フシのワインでビッグ2と称されるものはロゼワインのBusuioaca de Bohotin (ブスイオアカ・デ・ボホティン)と白ワインのZghihara de Husi(ジハラ・デ・フシ)。Busuioacaは、ロゼが持つ特徴といえる繊細で淡い飲み心地で、上質の食事の後の最高の友になるはず。

■Alba Luliaアルバ・ルリア

■Iasi ヤシ
「RIesling」「White Feteasca」「Aligote」「Muscat Ottonel」が有名です。とくに「White Feteasca」は、中世のルーマニアを感じさせる、ベルベットのような滑らかな味わいが特徴、「Muscat Ottonel」はシャンパンの甘く、まろやかな味が魅惑的です。

■Panciu パンチュー
ぶどう種は「White Feteasca」「Royal Feteasca」「Italian Riesling」。これらを元にしたキラキラと美しい、光沢に溢れたシャンパンがうまれます。パンチューのぶどう畑で作られる「Black Babeasca」種は、その柔らかな感触を舌先で一度味わったら、忘れられない一本になること請け合い。年季の浅いワインはぶどうの新鮮さと香りが漂い、年を経て熟成されたものは洗練された風味を十分に楽しむことができる不思議なぶどう種です。オドベスティのあたりでは「Galbena de Odobesti and Cotesti」が赤ワインとしていちおし。また、南モルダビアには「ニコレスティのワイン」があることをお忘れなく。

■Walachia ワラキア
ルーマニア一番の赤ワインの産地として知られ、特にプラホバ地方で作られる「Black Feteascasca」種は、スター産種です。

■Tohani トハーニ

■Urlati ウルラティ
ぶどう種は「キャバネ・スベニオン」と「ピノノール」、それに「メルロー」。さらに白ワインのぶどう種として代表格といえる「ブラック・フィティアスカ」があります。「ブラック・フィティアスカ」はブラックベリーの風味を持ち、アルコール度数は12~12.5度ですが、グラスにそそいだ瞬間そのまろやかな香りを堪能できる。オーク樽の中で、時の流れにまかせて熟成すればするほど、料理やロースト・ピーナツと抜群の相性を醸し出す一品です。

■Valea Calgarerasca ヴァリア・カルガリラスカ
生産品種は、「カバネー・スーベニオン」であり、その味はドシっとした重厚さが漂う。カバネー本来の強みに、ねばりを加えたワインと仕上がり。まさに人生の晴雨にかかわらず、いつもそばにおいて置きたい味わいのワインといえます。

■Dragasani ドラガサーニ
品種としての「Tulburelul de Dagasani」は現在でも、白ワイン・赤ワインどちらのセレクションもヨーロッパ市場で広く受け入れられている一方、「ソーベニオン・ドラガサニ」は「ゆっくりと時間をかけて、語りかけながら飲むワイン」としてこちらも好評です。

■Banat バナト

■Recas レカス
「カバネ・スーベニオン」「ブーグンド・マレ」「メルロー」「カドシャ(イタリアン・リースリング)」「ローヤル・フィティアスカ」「クリアタ」などのぶどう種が使われます。黄色い「クリアタ」などは、ワイン通でも、ほとんどの人が聞いたこともないはず。これは、この地独自の品種で、大きくて硬い実が、ややドライな感じがする食卓ワインへと変貌する躍動感あふれたワインです。

■Transylvania トランシルバニア
芳香があり口当たりが軽いワインが、トランシルバニアの特徴。主にサクソン系の影響を多大に受けたこの地方では、ワインのほかに果実からブランデーを作ります。「ビナルス」「パリンカ」「ホリンカ」「ラチー」などがあり、主に梅、りんご、梨などを木樽につけて、じっくりと黄金色になるまで熟成させます。

■Minis ミニス
トランシルバニアワインと並び立つのが、アラド産のワイン。ミニスワインといえば、「質も評判も最高級の輸出ワイン」としてその名を知られるまでになりました。赤ワインのぶどう種としては、「キャバネースーベニオン」「マルロー」「ピノノール」の他に、この地方で生まれた品種「Cadarca」も見逃せません。鮮やかなルビー色に秘められた甘い誘惑は、一度味わった人には忘れられない思い出となるはず。

■Jidvei ジドベイ
芳醇さと適度の酸味をつけたワインが特徴。有名な畑としては、「Jidvei」「Craciunelul de Jos」「Blaj」「Medias, Danes」など。やや甘口のワインとして「トラミナー」も。

■Dobrudja ドブルージャ
今、最も注目されている産地です。中でも有名なのが「ムルファトラー」の赤ワインです。

DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!
Web TRAVEL