行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

歴史

歴史概略

ルーマニア人の起源は、ダキア人またはトラキア人と言われています。紀元1世紀ダキアの王が現在のルーマニアの領土を支配したのち、紀元106年、ローマ帝国のトラヤヌス帝によって征服されました。ローマ帝国は、271年には撤退するものの、約3世紀わたりダキア人とローマ人の混血がすすみ、ローマの公用語であった「ラテン語」を用いるルーマニア民族が次第に形成されていきました。「ルーマニア」という地名は、「ローマの地」という意味からきています。

4世紀から7世紀にかけては、フン族、ゴート族、スラブ族など多くの異民族による侵入を受けます。10世紀以降は農業を主体とした村落中心の封建国家が次第に成立していきました。
13世紀末から14世紀には、「ワラキア」「モルドヴァ」の両公国が建国されましたが、15世紀末にはオスマン・トルコの宗主権下に入りました。途中、途中ワラキア国王のミハイが、トランシルヴァニアを含む3国を短期統一するものの長くは続かず、彼の死とともに1878年まで再びトルコに統治される事になりました。一方でトランシルヴァニアは、17世紀末にオスマン・トルコからオーストリア・ハンガリーの統治下に移ります。
1821年、独立国家への道を目指したワラキア・モルドヴァ両公国の革命は、失敗に終わりました。1848年、トランシルヴァニアを含む3国が革命を起こしますがこれは再び鎮圧され、そののち、ワラキア・モルドヴァ両公国の統一のみが認められ、モルドヴァ国王クーザーが統一ルーマニア公国の君主となりました。1878年のことです。クーザー公の退位後にドイツ出身のカロル1世が君主となり、1918年、連合国側で参戦し、戦勝国となった第一次世界大戦後にルーマニアはトランシルヴァニアを併合しました。

第二次世界大戦では当初中立の立場をとっていたルーマニアですが、クーデターなど国内の混乱もあり後に参戦。当初は枢軸国側についていましたが、のちに再度のクーデターで連合国につきます。混乱のなか迎えた終戦後はソビエト連邦の意向で共産化します。1947年、王政が廃止され、ルーマニア人民共和国が誕生しました。

1965年、チャウシェスクが党の第一書記に就任。しかし、彼の独裁政治は国民の不満を買い、1989年12月、民衆の抗議集会を発端に革命が起こり、チャウシェスク政権は打倒され、民主化を達成します。1991年12月には、新しい憲法が承認されました。その中には、ルーマニアは資本主義経済に基づく、「言論」「宗教」「所有の自由」がある共和国であると記載されています。

略年表

世紀 年代 できごと
1世紀   ダキアの王、現在のルーマニアの領土を支配
2世紀 106年 ローマ帝国・トラヤヌス帝ダキア征服
3世紀 271年 ローマ帝国撤退
4世紀~7世紀   中央アジア出身の遊牧民族の侵入
11世紀   トランシルヴァニア地方、ハンガリー王国による支配を受ける
13世紀~14世紀   ワラキア公国、モルドヴァ公国が成立
14世紀~17世紀   ワラキア公国はオスマン帝国による支配
ルーマニア正教は拡大
17世紀 1600年

ミハイ王により、ワラキア、トランシルヴァニア、モルドヴァが統一される

19世紀   ワラキアとモルドヴァの独立宣言
ルーマニアの成立
1878年 ルーマニア王国の成立(ベルリン会議)にて国際的に承認
1881年 カロル1世、ルーマニア王国を宣言
20世紀 1918年 トランシルヴァニアをハンガリーから割譲

第二次世界大戦当初枢軸国側に参戦、のちに連合軍側に。戦後はソ連の意向により共産化。

1965年 チャウシェスクが共産党書記長就任
1989年 チャウシェスク政権打倒
1991年 新憲法発布
2004年 NATOに加盟
2007年 EUに加盟
DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!
Web TRAVEL