行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

祝祭日・主な年中行事

主な年中行事

photo

(c)ルーマニア政府観光局

ルーマニア正教、ギリシア正教などを信仰する人々が多いルーマニアでは、キリスト教の祝祭が年間行事の中心となります。
春のイースター(復活祭)は、イエス・キリストの復活を祝う日。準備のために人々は春の大掃除をし、卵に絵を描いて、特別な料理を作ります。当日の朝はきれいな服を着て教会に行き、ろうそくに火をつけ、お墓参りをしたのちに家族で食事。赤い卵2つを復活の象徴としてぶつけあうのが伝統で、メインディッシュは子羊の肉。ブコヴィナ地方の修道院など、地方によっては昔ながらのイースターを体験できます。
もうひとつの大きなイベントが、クリスマス。12月6日の聖ニコライの日から本格的に飾り付けが始まり、子供達は村中の家々を回ってお菓子や果物などをもらいます。祝祭は1月6日のイエス・キリストが洗礼を受けた日に終わります。この日は、神父がモミの枝で飾った木製の十字架を川に捨て、それを若者たちが取りに行き、勝ち取った若者は1年間、神のご加護を得られるという儀式も行われます。

■地方のお祭り
地方のイベントについては、下記のHPをご参照ください。
http://www.romaniatabi.jp/events/romania.php

フェスティバル・祭り のページもご覧ください。

2018年の祝祭日

は国民の祝日 は毎年日付が変動します。
1月1日 新年
1月2日 振替休日
1月24日 統一記念日
4月8日 イースター
4月9日 イースターマンデー
5月1日 レイバーデー
5月27日~28日 聖霊降臨祭
8月15日 聖母被昇天祭
11月30日 聖アンドレイ祭
12月1日 独立記念日
12月25日 クリスマス
12月26日 ボクシングデー
DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!
Web TRAVEL