行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

ウクライナ基礎知識

ウクライナ国旗

国の花:カンボク
国の花:カンボク

国の概略

国名 ウクライナ Ukraine
首都 キエフ
人口 4,474万人(2014年 / 世界銀行)
政体 共和制
民族 ウクライナ人(77.8%)、ロシア人(17.3%)、ベラルーシ人(0.6%)、モルドバ人、クリミア・タタール等(2001年国勢調査)
自然・地理 60万3,700平方キロメートル(日本の約1.6倍)。ロシア、ベラルーシ、ポーランド、スロヴァキア、ハンガリー、ルーマニア、モルドヴァの7カ国と国境を接し、南は黒海、そしてアゾフ海に面しています。大きさでいうとロシアに次ぐヨーロッパ第2の大国で、平坦な丘陵地と黒土、そして国土の中央を流れるドニエプル川が肥沃な大地を生み、かつてはソ連の穀倉と呼ばれていました。

文化・宗教・言語

文化
  • 文学・芸術 コサックの時代、そしてソ連の時代となってからも、キエフは文化・芸術の都として様々な芸術家を輩出しています。 ゆかりのある文化人としては、ゴーゴリ(文学者。「検察官」など。ウクライナ出身)、チェーホフ(劇作家。療養のためにクリミアに暮らした間に代表作「桜の園」を執筆)、ムソルグスキー(作曲家。代表作「展覧会の絵」に登場する「キエフの大門」は今もキエフに残る)、ホロビッツ(ピアニスト。キエフ生まれ)、ヴァツラフ・ニジンスキー(舞踊家。キエフ生まれ)などがいます。
  • 民族舞踊など バレエ... ウクライナの代表的な芸術といえば、やはり「バレエ」でしょう。18世紀になって本格的に広まったバレエは、ウクライナの伝統的な民族舞踊を取り入れるなどして、独自の発展を遂げてきました。旧ソ連時代には「キエフ・シェフチェンコ・バレエ団」は、モスクワのボリショイ・バレエ団やサンクトペテルブルクのキーロフ・バレエ団と並ぶ世界三大バレエ団として世界にその名をとどろかせました。キエフの国立オペラ・バレエ劇場を初め、ウクライナ各地には素晴らしいオペラ劇場があり、日本より手ごろな価格でバレエを楽しむことができます。

    コサックダンス... 農民が祝祭で踊った民族舞踊は数多くありますが、中でも有名なのがコサックダンスで、ウクライナのバレエ界にも大きな影響を与えたと言われています。荒くれもののコサックたちが勝利を祝って激しく踊ったダンスはやがて舞踊として発展し、伝統文化として今に伝えられています。
工芸
  • 民族衣装 特に女性は袖や襟にたっぷりと刺しゅうの入ったかわいらしいブラウスを身にまとっています。地方によって異なりますが、青や赤の糸を使った花柄などがモチーフになっています。また、コサックの人々の野趣あふれる民族衣装も残されています。
  • 工芸品 パレフ…細密画が描かれてた黒塗りの小箱
    ピーサンキ…細かな模様が入った卵型の置物。
    バンドゥーラ…民族楽器
    ペトラコーフカ…草花が描かれた小箱や花瓶。2013年にユネスコの世界無形文化遺産に登録。
    マトリョーシカ…人形の中からまた人形が出てくる入れ子構造の木製の人形。ウクライナコサックが描かれているものが多くみられます。
主な宗教
ウクライナ正教、およびウクライナ・カトリック教。その他にイスラム教やユダヤ教など。
言語
公用語はウクライナ語ですが、クリミア自治共和国ではロシア語が多く使われています。
  • ウクライナ語のあいさつ
  • こんにちは:ドーブルィイ・デーニ
  • ありがとう:ジャークユ
  • さようなら(また会いましょう):ド・ポバーチェンニャ
  • ごめんなさい:ヴィーバチュテ
  • はい:ターク
  • いいえ:ニー

経済状況

経済状況 [データ]一人当たりの国民総所得(GNI)は3,960アメリカドル(2013年/世銀)、GDP成長率は-6.8%(2014年/ウクライナ中央銀行)、物価上昇率は12.2%(2014年/世界銀行)、失業率1.8%/ILO基準7.7%(2013年/ウクライナ国家統計局)。
[概要]2010年に就任したヤヌコーヴィチ大統領は、IMFから支援を受け、各種経済改革を実施。2012年6月ポーランドとの共催で欧州サッカー選手権を開催したのを契機にインフラ整備が進められ、これが景気の下支えに寄与。しかし、その後鉄鋼、鉄道等のロシア向け輸出の落ち込みや2014年の東部戦争の影響を受けて、貿易額や鉱工業生産高が大きく落ち込むなど経済状況は深刻に悪化。IMF、世銀、G7を始めとする国際金融機関及び欧米諸国から多くの支援を受けています。※参考資料2016年1月/外務省HP・各国地域情勢
ビジネス環境 総貿易額は海外への輸出が501億アメリカドル、輸入が498億アメリカドル。主要貿易品目は輸出が鉄鋼・鉄鋼製品、穀物、輸入が鉱物性燃料、機械・機器など。主要貿易相手国は輸出がロシア、トルコ、エジプト、輸入がロシア、中国、ドイツ(2014年/ウクライナ国家統計局)。
日本との関係 [日本の対ウクライナ貿易]外務省HP・各国地域情勢におけるウクライナ国家統計局によると、輸出が約6億円、輸入が2億円。主要品目は輸出が自動車、機械・装置類、輸入が穀物、鉄鉱石など(2014年/ウクライナ国家統計局)。
[日本の経済協力]援助実績は(1)有償資金協力は約1,690億円、(2)無償資金協力は60億円、(3)金融支援は580億円、(4)チェルノブイリ・核不拡散関連支援は188億円、(5)技術協力は4,000万円。※参考資料2016年1月/外務省HP・各国地域情勢
DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!
Web TRAVEL