行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

オデッサ

オデッサ

Odessa

ウクライナの南部、黒海に面した国際色豊かな港湾都市です。ロシア帝国領となった1794年、エカテリーナ2世によって本格的に港の建設が始められました。第二次世界大戦では、地下都市に立てこもってナチスに抵抗したことでも知られています。

  • photo
    (c)ウクライナ政府観光局
    エカテリーナ2世の像
  • photo
    (c)ウクライナ政府観光局
    無名戦士の墓
  • photo
    (c)ウクライナ政府観光局
    湾岸都市オデッサ

ポチョムキンの階段

Potemkin Stairs

photo

(c)ウクライナ政府観光局

エイゼンシュタイン監督の名作映画『戦艦ポチョムキン』に登場する階段。逃げ惑う市民と兵士らの中、赤ちゃんを乗せた乳母車が階段を落ちていくという有名なシーンが撮影された場所です。高さは147メートルあり、上から見ると踊り場だけ、下から見上げると段しか見えないという不思議な構造になっています。

ウクライナ国立オデッサ歌劇場

Odessa Opera and Ballet Theater

チャイコフスキーも指揮をとったこともある、1887年完成の由緒あるオペラ・バレエ劇場です。神々の彫像や豪華な内装は一見の価値があります。

  • photo
    (c)DTAC観光情報局
  • photo
    (c)DTAC観光情報局
  • photo
    (c)DTAC観光情報局

プーシキン文学記念館

Literary & Memorial Museum of A.S.Pushkin

photo

(c)DTAC観光情報局

ロシアの体制批判をした文豪プーシキンは、一時期サンクトペテルブルクを離れオデッサに滞在していました。その時に滞在していた元ホテルの一部で現在、プーシキンの遺品や原稿が展示されています。

  • [開館時間]10:00~17:00

    [休み]月、火

オデッサ考古学博物館

Odessa Archaeological Museum

1825年に設立されたウクライナでも特に歴史のある博物館で、古代ギリシャ期の陶器やガラス器などが集められています。

  • photo
    (c)DTAC観光情報局
  • photo
    (c)DTAC観光情報局
  • photo
    (c)DTAC観光情報局
  • [開館時間]10:00~17:00

    [休み]月曜

国立オデッサ美術館

Odessa Fine Arts Museum

photo

(c)DTAC観光情報局

ロシア、ウクライナ、ソビエト連邦時代のコレクションにおいて、ウクライナ屈指の規模を誇る美術館です。ロシア絵画、ウクライナ絵画、モダンアートなどを多数所蔵し、中でも15~18世紀のイコンの収集で有名です。

  • [開館時間]10:30~18:00

    [休み]火曜

海洋船舶博物館

Odessa's Maritime Museu

キエフ・ルーシ時代から現代まで黒海、オデッサ港、航海技術、船舶について展示している博物館です。

郷土歴史博物館

Odessa Regional History Museum

オデッサの歴史、行政、文化、市民生活など、様々な側面からオデッサを展示紹介している博物館です。

  • [開館時間]10:00~17:00

    [休み]金曜

西洋東洋美術館

A Museum of Western and Eastern art

イタリアの巨匠ミケランジェロやカラヴァッジョ、フランチェスコ・グアルディ、ベルナルド・ベッロットなどの作品をはじめ、フランドルやオランダ画などを所蔵する美術館です。世界的に有名な西洋画はもちろん、日本の墨絵など東洋の美術作品も展示紹介されています。

  • [開館時間]10:00~17:00

    [休み]水曜

パルチザンの栄光博物館

Museum of Partisan Glory

オデッサの町の建設には地元で採掘された石材が使用され、その結果地下には全長1000キロにもおよぶ空洞ができました。第二次世界大戦中、パルチザンはその地下道に潜りナチス・ドイツに抵抗。その一部に実際に使用された施設が再現され、記念博物館として一般公開されています。

  • photo
    (c)DTAC観光情報局
  • photo
    (c)DTAC観光情報局
  • photo
    (c)DTAC観光情報局
DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!
Web TRAVEL