行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

ポルタバ

ポルタバ

Poltava

ポルタバは、キエフとハルキウの間にあるウクライナ北東部の都市です。北方戦争中の1709年、ピョートル1世率いるロシア軍が、それまで優勢だったカール12世率いるスウェーデン軍を破った「ポルタバの戦い」で知られています。

ポルタバ戦争博物館

Poltava Battle Museum

photo

(c)ウクライナ政府観光局

1909年6月にポルタバで初めて設立された、大北方戦争における最大の戦い「ポルタバの戦い」に関する資料を集めた博物館です。大きなホールには、大いなる戦いのアーティスティックなジオラマや武器などが展示されている他、屋外ににピョートル1世のモニュメントや教会、ロシアの戦没勇士の墓などがあります。

  • [開館時間]9:00~17:00

    [休み]月曜

戦勝記念塔

Monument of Glory

1709年の「ポルタバの戦い」での勝利100周年を祝して建てられた記念塔。

スパスカヤ教会

Spassky Church

1686年に創建された教会です。18世紀以降、ポルタバに残されている最期の木造建築の一つに数えられています。

聖サンプソン教会

St. Sampsoniy Church

「ポルタバの戦い」の戦場跡に建てられた教会です。

ポルタバ修道院

Poltava Nunnery

1689年から1709年にかけて創建された女子修道院です。創建当初は男子修道院として使用されていましたが、数年後に女子修道院となりました。鐘楼は1786年に完成しました。

白いあずまや

Poltava White Arbor

ポルタバの市街地を一望するイワノフ山にある、白が際立つ美しい佇まいのあずまやです。

ウスペンスキー大聖堂

Uspensky Cathedral

1748年から1770年にかけて創建された教会です。1930年代にソ連によって破壊され、現在は鐘楼だけが残されています。

ポルタバ歴史博物館

Poltava History Museum

1891年に設立された歴史博物館です。考古学的に価値のあるものから民族芸術まで、約40万点を所蔵しています。

イヴァン・コトリャレーウシキー博物館

Ivan Kotlyarevsky Museum

近代ウクライナ文学の祖、イヴァン・コトリャレーウシキーがかつて住んでいた家です。コトリャレーウシキーはここに住み、数々の作品を生み出しました。現在内部は改装され、コトリャレーウシキーのゆかりの品や原稿などを集めた博物館として一般公開されています。

  • [開館時間]10:00~18:00(冬期は9:00~17:00)

    [休み]月曜、最終火曜日

DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!
Web TRAVEL