行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

新着ニュース

DTAC

2017.07.20

ウクライナの知られざる25の秘密 Part1

2017年のEurovision Song Contestが5月に開催された注目のウクライナ。
(Eurovision Song Contestについては検索でWikipediaをご参照ください。)

その25のトリビアを2回に分けて紹介します。

1. 実は国土が広い

東はロシア、西はポーランドと国境を接し、黒海とベラルーシに挟まれた国土は、約60万㎢。これはフランスの55万㎢よりも広い。

2. その広い国土の中に7つの世界遺産がある

キエフのランドマークともいえる11世紀に建てられた、聖ソフィア大聖堂を始め、キエフ・ペチェールシク大修道院(数としては(聖ソフィア大聖堂に含まれる)、リヴィウ歴史地区、シュトルーヴェの測地弧(周辺10か国に跨る)、ブコビナ・ダルマチア府主教の邸宅、ケルソネソス・タウリケの古代都市、ポーランドとウクライナのカルパティア地方の木造教会群、カルパティア山脈のブナ原生林とドイツのブナ古林群。(詳細は「ウクライナの世界遺産」で検索)

しかしこれらの世界遺産の教会以外にも実は中世の数々の美しい教会が国内に点在しています。

3. お酒好き

2014年に発表された2010年のWHOの調査によると世界で6番目に1人当たりのお酒の消費量が多い国らしく、1位はベラルーシで以下、モルドバ、リトアニア、ロシア、ルーマニアとなります。ちなみに、フランスが18位、お隣韓国が17位、アメリカが48位、中国が89位、そして日本は71位という結果でした。

4. でもウオッカじゃない

エリア的にはウオッカばかり飲んでいそうなイメージですが、“burning water”という意味から来ているとも言われるhorilkaというお酒。40度もあるものもあり、さらに唐辛子テイストも結構一般的らしい。

5. 実はマクドナルド好き!?

キエフ駅の隣にある、マクドナルド。世界で3番目に忙しいマックらしい。。。

6. ヨーロッパの中心

もうこれはどこまでをヨーロッパにするか、という定義の問題ですが、ただ地図を見るとトルコ、ギリシャ、北欧がヨーロッパである事を考えると、ウクライナの最も西に位置するザカルパッチャ州(Transcarpathia)辺りは完全にヨーロッパの中心と言える。

7. 英語名は The Ukraineではない

1991年の独立までthe Ukrainian Soviet Socialist Republicと呼ばれていた名残で、ウクライナの人は、国名をThe Ukraineと表記されるのを快く思っていない。

8. 世界で最も深い駅がある

キエフの地下鉄スヴャトーシノ・ブロヴァールスィカ線(Kiev’s Sviatoshynsko-Brovarska line)にあるアルセナーリナ駅(Arsenalna)はプラットホームが地上から105.5mの地下にあり、世界で一番深い駅として知られています。地上からホームに着くまで5分程度かかります。ちなみに、日本の地下鉄大江戸線六本木駅で地下42mです。

9. 世界で最も短いメインストリート!?

キエフのメインストリート、フレシチャーティ通り(Khreshchatyk Street)は世界で最も短いメインストリート言われるが、キエフではその幅は最も広いと言われている通りです。その距離1.2kmです。中世から近代にかけて数奇な興隆を辿った、歴史の生き証人ともいえる街のシンボルです。

10. キエフの名物と言えば.

ナポリタンと一緒で、キエフ風カツレツは元々はキエフの料理ではありません。これは19世紀のフランス料理のレシピから来たものとされており、フランス料理に感化を受けたロシアの貴族がもたらしたものとされています。

まだまだ知らないことが沢山のウクライナ。

次回11~25までをお伝えします。

*記事に含まれる情報の日時、場所、内容などは予告なく変わる事があります。ご訪問の際は、公式サイト、現地手配会社、旅行代理店などを通じて事前に必ず再確認をお願いします。

  • photo
    (c)Alamy for http://www.telegraph.co.uk
    聖ソフィア大聖堂
  • photo
    (c)BY-SA 3.0, Wikipedia
    唐辛子入りhorilka
  • photo
    (c)Alamy for http://www.telegraph.co.uk
    アルセナーリナ駅

▲ ページのトップに戻る

DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!
Web TRAVEL