行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

新着ニュース

DTAC

2017.07.26

ウクライナの知られざる25の秘密 Part2

前回の25のトリビアの続き、後半の15です。

11. かつてはヨーロッパ有数の穀倉地帯だった

農業が盛んで、ヨーロッパ有数の穀倉地帯だったウクライナですが、逆にそれがソ連時代のこの地方に災いし、計画経済の名目の元、ソ連全土をカバーするほどの無理なノルマを課せられ、750万人ものウクライナ人が飢餓で死んでしまった歴史があります。

12. 歴史に翻弄された国

ウクライナは多くの戦争や動乱を経験してきた国ですが、中でも1945年に第二次世界大戦後のヨーロッパについて話し合いがなされたヤルタ会談で世界でもその名が知られました。ヤルタはウクライナの地名だったのですが、2014年にロシアの侵攻により、自由に行く事はできなくなってしまいました。

13. あのゴーストタウンもウクライナ

1986年に起こった世界最悪の原子力発電所の事故があったチェルノブイリ(Chernobyl)。ここもウクライナにあります。あくまで旅行者の自己責任ですが、今では本物のゴーストタウンと化したチェルノブイリの街を案内するガイドもいるそうです。

14. カフェ天国

ウクライナの西部に位置し、リヴィウ州の州庁所在地リヴィヴ(liviv)。ここは人口当たりのカフェの数が最も多い街。リヴィヴのカフェは、ウィーンスタイルの重厚な雰囲気。リヴィヴっ子の3大特徴は、教会好き、祖国好き、そしてカフェ好き、だそうです。

15. ガスランプ発祥の地

リヴィヴはガスランプの発祥の地としても知られています。そのガスランプが売られていたGolden Starというお店は、Gasova L’ampaというカフェに生まれ変わって同じビルに入っています。

16. 愛のトンネル、恋のトンネル

恋人と一緒にくぐると願いが叶うと言われるトンネル。これもウクライナの人気観光名所。ちなみに、この鉄道線はまだ現役で、木材などを運ぶ貨物線なのだそうです。

17.世界最大の飛行機が産まれた土地

ソ連時代にキエフで製造された、世界最大の飛行機、アントノフAn225ムーリヤ(the Antonov An-225 Mriya)世界最大幅、世界最重量、など240ものギネス世界記録を持つ飛行機。2010年には成田空港にも初飛来しています。同型機は世界に一機しかなく2017年現在今でも現役です。

18.実は巨大な軍事力を誇っている

ソ連時代の核弾薬庫を継承したので、ヨーロッパではロシアに次ぐ軍事力を保有しています。

19.スキーができる

あまり知られていませんが、5っ前後のスキーリゾートがあり、特にカルパティア山脈(the Carpathian mountains)のブコベル(Bukovel)は全長55km、リフト数15と巨大なスキーリゾートです。

20. キエフはまたの名をヒーローシティーという

第二次世界大戦中にキエフは街を上げてナチスドイツに徹底抗戦した栄誉で1965年にソ連からヒーローシティーの称号を授けられた。

21.イースターの卵がカラフル

元々は蝋結染め(バティック)技術を使った古代ウクライナの迎春祭の象徴物であったプィーサンカ(pysankas)が11世紀以後キリスト教の復活祭に用いるイースター・エッグになりました。ウクライナ式イースター・エッグとして知られています。

22. あのサマータイムの原曲

アメリカの超有名な作曲家ジョージ・ガーシュウィン(George Gershwin)の代表曲サマー・タイムはウクライナの子守歌にヒントを得たもの。

23. ソ連時代に名残

2015年に共産党のシンボルやソ連時代の通りは全て違法となり廃棄されましたが、ソ連時代に建てられた、62mもある巨大なMother Motherlandの像は残りました。第二次大戦歴史資料館の一角にあるこの像はいまや、キエフの街のシンボルとなっています。

24. 非常に良い海岸が多い

黒海は、湖の様な構造から波が穏やかで気候も安定しており、地元の人がバカンスに訪れる良いスポットがたくさんある。

25.実は最初の立憲国家

ウクライナは世界で初めて憲法を制定した国として知られ、1710年には三権の分離に基づいた憲法を制定しています。モンテスキューの「法の精神」は1948年ですから、このウクライナコサック国家をヒントにしているかもしれません。

いかがでした、ウクライナ、キエフの25のトリビア? 実は世界の歴史に多くの影響を与えている事が分かります。

歴史と文化の国ウクライナ。まだまだトリビアがありそうですぜ。ぜひご自分の目でいろいろと探してみて下さい。

情報参照元 The telegraph
http://www.telegraph.co.uk/travel/destinations/europe/ukraine/articles/amazing-fact-you-probably-didnt-know-about-ukraine/


*記事に含まれる情報の日時、場所、内容などは予告なく変わる事があります。ご訪問の際は、公式サイト、現地手配会社、旅行代理店などを通じて事前に必ず再確認をお願いします。

  • photo
    (C) TravelMagma
    スターリン、チャーチル、ルーズベルトの像
  • photo
    (C)Oleg Gordienko for http://iliketowastemytime.com
    愛のノンネル
  • photo
    (C)http://www.lostmonuments.com/
    Mother-Motherland Monument

▲ ページのトップに戻る

DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!