行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

北部

 世界遺産

多種多様な動植物の宝庫

グアナカステ保全地域

Area de Conservation Guanacaste

1999年にグアナカステ国立公園、サンタ・ロサ国立公園、リンコン・デ・ラ・ビエハ火山国立公園、フンキリャル湾国立野生生物保護区、オリソンテス試験森林が世界自然遺産に登録され、2004年にはサンタ・エレナ地区も登録範囲に含まれました。山を挟んでカリブ海側が熱帯湿潤林、太平洋側は熱帯乾燥林と自然環境が異なるため、多種多様な生物が生息しています。オロシ火山(1487m)とカカオ火山(1659m)を擁するグアナカステ国立公園には、ほ乳類140種、鳥類300種以上、両生類・ハ虫類100種、昆虫1万種以上の生息が確認されています。サンタ・ロサ国立公園はコスタリカ北西部に位置し、陸と海域の両方が世界遺産に含まれています。中米最大の熱帯乾燥林地帯で、アカクモザル、マントホエザル、ノドジロオマキザルの3種のサル、ジャガランディやオセロットなどのネコ科、コヨーテ、ペッカリー、バクなどが生息。ウミガメやリクガメの種類も豊富です。リンコン・デ・ラ・ビエハ火山(1895m)とサンタ・マリア火山(1916m)の2つの火山を抱くリンコン・デ・ラ・ビエハ火山国立公園は、山から湧き出る水が豊富で、重要な水源となっています。乾季には公園内にはトレイルがあり、トレッキングを楽しむ人でにぎわいます。 

  • photo
    (c)コスタリカ共和国政府観光局-ICT
  • photo
    (c)コスタリカ共和国政府観光局-ICT
  • photo
    (c)コスタリカ共和国政府観光局-ICT
  • [アクセス]観光拠点となるのはニカラグア国境に近いリベリア。サン・ホセからリベリアまで飛行機で約50分、バスで約4時間。

    *リベリアから各種ツアーが出ています。

    [Website]www.acguanacaste.ac.cr

  • 現地発着ツアー情報
DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!
Web TRAVEL