行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

新着ニュース

DTAC

2017.03.23

グアテマラ、コスタリカに観光客の熱い注目

今年も3月8日から3月12日に開かれていた世界最大の旅行見本市であるITB Berlinにて中央アメリカ観光協会(CATA)が発表した数字によると、この地域の観光人気が非常に高まっており、通貨安とも相成って観光産業が非常に堅実との事。

ベリーズ、コスタリカ、エルサルバドル、グアテマラ、ホンジェラス、ニカラグア、パナマの7か国を2015年の9月から2016年の9月の間に訪れた観光客は1249万人で、前年同期比で5.6%増との事。観光収入はなんと10.38%増にもなります。

特に人気が高いのがコスタリカ。エコツーリズムやサスティナビィリティー(sustainability)といった観点からの注目度が高く、ドイツを中心としたヨーロッパから多くの観光客が訪れている、との事です。コスタリカ単独の観光客増加は前年比の10%以上にも上るそうです。

またグアテマラも最近発見された古代マヤ文明の道路ネットワーク遺跡により非常に高い注目を集めています。グアテマラの北の地域の熱帯雨林の中から発見されたこの遺跡は、17の道路から成り、全長240kmにも渡る広大なもので、2000年以上に前に作られた、マヤ文明の最初の幹線ネットワークで、主に人と物資の輸送に使われていたと考えられています。この道路網はマヤ文明の首都でもあったエル・ミラドールに繋がっていたと考えられています。


出典:
ITB Berlin http://www.itb-berlin.de/en
Mysterious Universe http://mysteriousuniverse.org/ 

  • photo
  • photo

▲ ページのトップに戻る

  • 現地発着ツアー情報
DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!
Web TRAVEL