行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

アウトドア・アクティビティ

キューバは、陸海空それぞれを存分に楽しめるネイチャー体験やレジャー、アウトドアスポーツ等のアクティビティに事欠きません。最近では従来のダイビングやフィッシングに代表されるマリンレジャーに加え、エコツアーやバードウォッチング等のランド・アクティビティのバラエティも広がっています。どちらにしても、現地の旅行代理店やホテルのツアーデスクを通して、しっかりした信用できるコーディネート会社やインストラクターを付けることが、安全面からも不可欠です。

エコ&ネイチャーツアー

Eco and Nature Tours

[体験できる主な場所] マタンサス州マヤ湖自然保護区

キューバの州の中で2番目に大きいマタンサス州は、美しいエメラルドグリーンの海と伝統音楽ルンバの発祥地として知られています。ここにあるマヤ湖自然保護区には、独特の生態系が息づき、エコツアーガイドとともに珊瑚礁を巡るシュノーケリングツアーが楽しめます。透明度の高いマヤ湖は、15~20mの可視性を誇り、およそ300種の魚が棲息すると言われています。また、マヤ湖周辺ではボートツアーやホーストレイルのアレンジも可能。日帰りのネイチャーツアーが、バラデロから出ています。

  • photo
    (c)キューバ大使館
  • photo
    (c)キューバ大使館

バードウォッチング

Bird Watching

[体験できる場所] シェラ・デル・ロサリオ、ビニャーレス渓谷

photo

(c)KAZU

珍しい固有種が22種も生息するキューバは、バードウォッチャーにとって楽園の一つ。特に世界最小&最軽量(全長4−6cm、体重2g)のマメハチドリとカラフルなキューバアオゲラ(ミドリキツツキ)は、必見に値します。
●シェラ・デル・ロサリオ(ピナール・デル・リオ州)
ユネスコの生物保護区にも指定されており、ソロアのホテルをベースに、森の野鳥を多く観察できます。
●ビニャーレス渓谷(ピナール・デル・リオ州)
ロサンゼルス・ジャスミンホテルでは、野鳥観察のためのガイド付きウォーキングツアーを実施。

ホースライディング

Horse Riding

[体験できる場所] ビニャーレス渓谷、トリニダー、バラデロ

photo

(c)トリップ アドバイザー

キューバには乗馬を楽しめるポイントがいくつもありますが、上記3カ所がその代表格。ビニャーレスでは石灰岩が織り成すカルスト地形の渓谷を馬で進み、鍾乳洞やたばこ農園に立ち寄るホーストレイルがお勧めです。トリニダーでは古い製糖工場の遺跡が点在し、世界遺産にも登録されているロス・インヘニオス渓谷が魅力。一方、バラデロでは馬の背から、美しい白浜のビーチとエメラルドグリーンの海を存分に堪能できます。

トレッキング

Trekking

[体験できる場所] ピコ・トルキーノ国立公園

photo

(c)トリップ アドバイザー

キューバの最高峰は、標高1974mのトルキーノ山。島の南部、クルス岬からマイシ岬まで約250kmに繫がるマエストラ山脈に属します。サンティアゴ・デ・クーバからバスで、登山口のサント・ドミンゴへ出て、トレッキングを開始。登山道は整備されていますが、山が深いため、山頂までは6−8時間。途中、アグアダ・デ・ホアキンに山小屋があるので、1泊すると良いでしょう。ただし、食料や寝袋等の持参はお忘れなく。山頂には独立戦争の英雄、ホセ・マルティの像が立っており、眼下にはカリブの海が広がります。この眺望に、登山の疲れも癒されるでしょう。その他、バラコアから行くテーブルマウンテンのユンケ山も人気があります。

サイクリング

Cycling

[体験できる場所] キューバ各所

photo

(c)KAZU

キューバにはサイクリング専用ロードはありませんが、比較的平坦な道が多く、風光明媚な風景が随所に展開するので、サイクルファンにはたまらない島国と言えるでしょう。代表的なサイクリングルートは下記の通りです。
●ライト・ルート
◇バラデロ市街⇒カヨ・モラス(ヒカコス半島先端)<約10km>◇ハバナ旧市街⇒コヒマル(「老人と海」の舞台)<約20km>◇トリニダー市街⇒プラヤ・アンコン<約30km>
●ヘビー・ルート
◇ピナール・デル・リオ⇒ビニャーレス渓谷<約30km>◇サンティアゴ・デ・クーバ⇒チビリコ(リゾート)<約70km>
レンタサイクルは、整備不良のケースがままあるため、走行前にブレーキやギア等のチェックを怠らないように!

ゴルフ

Golf

[体験できる場所] バラデロ、ハバナ・ゴルフクラブ

photo

(c)トリップ アドバイザー

ゴルフに関しては、キューバは発展途上国。外国人でも楽しめるコースは2か所です。
●バラデロ・ゴルフクラブ
1998年にオープンした、18ホールパー72のゴルフコース。ヒカコス半島の中程、海岸線に沿って設計されているため、海原を眺めながらのプレーは爽快。起伏が少ないので、初心者でも充分にエンジョイできます。
●ハバナ・ゴルフクラブ
9ホールパー35のコースですが、グリーン周りに絶妙なホールが切ってあるので、プレーは存分に楽しめます。テニスコートや高級レストランを併設。

マリンダイビング

Marine Diving

[体験できる場所] キューバ各所

photo

(c)トリップ アドバイザー

珊瑚の破壊や海洋汚染が進んでいないため、キューバの海はまさに“ダイバー天国“。豊かな珊瑚礁に育まれた多種多様の海洋生物はもちろん、沈没船や洞窟等がダイバーの目を楽しませてくれるでしょう。その上、海水の年間平均温度が24度Cと暖かいのも、うれしい限りです。ダイビングポイントは数多くありますが、お勧めはマリア・ラ・ゴルタ島。カヨ・ココ島、カヨ・ブランコ島、カヨ・ギジェルモ島、カヨ・ラルゴ島。スキューバ・ダイビングやガイドの手配はマリンリゾート地のダイバーショップや大型のリゾートホテルで行なえます。

スイム・ウィズ・ドルフィン

Swim with Dolphins

[体験できる場所] バラデロ、オルギン

photo

(c)トリップ アドバイザー

キューバの近海には、イルカが多く棲息しており、バラデロやオルギンでは、野生のイルカをウォッチングだけでなく、インストラクターの指導のもと、一緒に泳げるボートツアーをコーディネートしてくれます。イルカとある程度、距離を保ち、決して威嚇しなければ、彼らは驚くほどフレンドリーです。なお、バラデロのドルフィナリオでは、イルカのショーと並行して、イルカと一緒に泳ぐイベントを別料金で行なっています。

スカイダイビング

Sky Diving

[体験できる場所] バラデロ

photo

(c)キューバ大使館

バラデロの旧空港に拠点を置くCentro Internacional de Paracaisismoでは、スカイダイビングの体験コースを提供しています。3000mの上空から、インストラクターとともにダイブ。約10分間かけて穏やかに下降し、バラデロの砂浜に降り立つというもの。ちょっとスリリングですが、キューバの至宝ともいえる美しいビーチを俯瞰で楽しめるとあって、観光客に人気です。

フィッシング

Fishing

[体験できる場所] キューバ各所

photo

(c)トリップ アドバイザー

釣りをこよなく愛したヘミングウェイのお気に入りだったカヨ・ココ島周辺をはじめ、キューバはフィッシング・ポイントに事欠きません。人気の釣りのベストシーズンは、バショウカジキが4−5月。マグロが4−9月、ワフー(カマスサワラ)が10−2月、シマアジが2−4月、スナッパー(フエダイ)が5−7月。バラクーダ、ターポン、ハタは年中、コンスタントに釣れます。

  • 現地発着ツアー情報
DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!
  • DTACキューバ観光情報局長 池上和徳(Kazunori Ikegami)
  • ナビゲーション・サポート
Web TRAVEL