行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

新着ニュース

DTAC

2018.01.10

絶対に泊まるべき、キューバの歴史的なクラシックホテル8軒のご紹介

Q-costaricaさんからキューバのクラシックホテルのご紹介です。

簡単ご紹介します。

ホテルラケル(HOTEL RAQUEL)
1908年にオープンしたホテルで、ハバナの中心部に建っており、非常に便利なロケーション。アールヌーボー調の建物に、巨大なステンドグラス、天蓋屋根、旧市街を見渡すことのできる監視塔など歴史を感じさせるデザインのクラシックホテルです。

ホテル サラトガ (Saratoga Hotel)
1880年代に建てられた歴史ある建物で、緑色が印象的。市内中心部、州議事堂やフラタニダード公園の近くに位置するアーチ型の装飾が美しいクラシックホテルです。

ホステル シェヌー(Hostal Chez Nous La Habana Cuba) 
旧ハバナの中心部の便利なロケーションのアールデコ調のホテル。バルコニーと屋上からの景色が最高との事。個人経営のこじんまりしたホテルで、日本人にはあまり知られていない。オーナーがネコ好きとの話も。

ホテルイングラテーラ (Hotel Inglaterra)
1875年創業のキューバで一番歴史がある、代表的なクラシックホテル。中央公園の目の前に建ちハバナのランドマークとも言われています。市内を一望することができるテラスバーがオススメ。

ホテルナショナル デ キューバ (Hotel Nacional de Cuba)
2018年時点で創業90年弱を迎えるキューバを代表するホテル。新市街の海沿いの広い敷地に建つ豪華なホテル。外装だけでなく、ロビー、エレベーター、部屋などのインテリアにも古き良き時代の名残がぎっしり詰まったています。

ホテルコンデ デ ヴィラヌエバ (Hotel Conde de Villanueva)
コロニアル建築の建物が美しい、旧市街の中心部に建つクラシックプチホテル。その豪華な内装はまるで自分がクラシック映画のワンシーンにタイムスリップしたかの錯覚に陥るかの様。そのすべてがインスタ映えする美しいホテルです。

ホテルサンタ イザベル (Hotel Santa Isabel)
ハバナ旧市街のアルマス広場が真ん前の分かり易く便利な立地の富豪の邸宅を改装したクラシックホテル。アルマス広場側の部屋に泊まれば、バルコニーから広場が一望できます。朝食が美味しいとの評判も。

メルキュール・セヴィージャ・ハバナ(Mercure Sevilla La Habana)
世界遺産でもあるオールドハバナの歴史地区に位置するムーア建築のクラシックホテル。今はアコーグループの傘下のホテルとなりましたが、1908年の創業以来数々の有名人が訪れたキューバを代表するクラシックホテルの一つです。

写真と英語でのちょっとした紹介は下記を。
http://qcostarica.com/8-historic-cuban-hotels-you-can-stay-in/

キューバのホテル、建物は素晴らしいのですが、設備やソフトがまだ追い付いていない部分もあります。その辺はラテンペースで「今後に期待」と温かく見守ってくださいね。


*この記事に含まれる情報の日時、場所、料金、内容などは予告なく変わる事があります。ご訪問の際は、公式サイト、現地手配会社、旅行代理店などを通じて事前に必ず再確認をお願いします。

  • photo
    (C)qcostarica.com
    HOTEL SARATOGA
  • photo
    (C)qcostarica.com
    HOTEL INGLATERRA
  • photo
    (C)qcostarica.com
    HOSTAL CONDE de VILLANUEVA

カテゴリー:旅行・観光情報

▲ ページのトップに戻る

DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!
  • DTACキューバ観光情報局長 池上和徳(Kazunori Ikegami)
  • ナビゲーション・サポート

キューバをもっと知る&
キューバに行くなら必見!

JALで行くDTAC 20ヶ国の旅!

チェ 28歳の革命

Web TRAVEL