行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

新着ニュース

DTAC

2012.11.15

キューバン・ジャンルクルージング。その先にあるものは!?

南国の草木がうっそうと生い茂る、ジャングルを切り裂いた運河を抜けると、ワニやマンファリ(古代魚)が生息するという大きな湖に眼前に広がります。ここはサパタ国立公園内のテソロ湖。キューバのハバナ旧市街から長距離バスで約2時間、ナシオナル高速道路を南西に走り、Jaguey Grandeで、ローカルバスに乗換え、約30分のグアマ(Guama)で下車。そこからは、モーターボートでテソロ湖に浮かぶ小島を目指します。ボートは1名往復12兌換ペソ(約1000円)、1艘チャーターする場合は25兌換ペソ。

小島には原住民族のタイノ族の住居跡が復元されており、一見の価値があります。また、湖上コテージ・スタイルの宿泊施設も整っているので、ここをベースにネイチャー・ツーリズムを楽しむのも良いでしょう。宿泊料は食事+飲料込みで、1泊60兌換ペソ(約4800円)。サルサやチャチャで陽気に騒ぐのもキューバの魅力ですが、サパタ国立公園の自然とじっくり対峙してみるのも、素敵な体験になること、受け合いです。

  • photo
    ©KAZU
    グアマの船着き場
  • photo
    ©KAZU
    ボート
  • photo
    ©KAZU
    コテージ

▲ ページのトップに戻る

DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!
  • DTACキューバ観光情報局長 池上和徳(Kazunori Ikegami)
  • ナビゲーション・サポート
Web TRAVEL